読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電池式イコライザーアンプ (2)

   f:id:hohon77:20170415040103j:image

    ノイズは問題ないようだ。クラシックをかけるとPRAー2000に匹敵するように思えた。

 

f:id:hohon77:20170415040350g:image 

 

  歪率も問題ないようだ。

 

f:id:hohon77:20170415040421g:image

   周波数特性はややハイ落ちになっている。ポピュラーを聴くには変更が必要だ。

 

 

 

 

電池式イコライザーアンプ (1)

   MCカートリッジ用のイコライザーアンプを設計した。もし音が良ければPRAー2000の予備として使えるだろう。

 

f:id:hohon77:20170414145206g:image

 

f:id:hohon77:20170414145209g:image

 

 

 

 

東洋文庫 楽郊紀聞 1 対馬夜話 (1859)

  対馬の人、中川延良が若い頃より見聞きした事を記し集成したものである。対馬藩主の事から始まり家来、町人、故実、雑文、異聞、地理、仏寺、墳墓、郷村についての細かな事が記されている。巻一の1には初代当主宗知宗は護国大明神として祀られ文化元年に五百五十回忌がとり行われた事が記され、行うべき日についての言及について著者は怪しいと言っている。以下記事の実例を少し挙げておく。

  (巻四の6)竜田平作、大小姓御横目にて朝鮮在館中に、小筒の鉄砲の捻を抜去り、柱に結付け置て、穴中より北極星を望む事数月なり。時によりては、北極、穴中より見えざる事あり。是則、北極微動の故也、と申せし由。

  (巻五 異聞 1)筑後国久留米水天宮の社説に、安徳天皇は、皮籠に石を入れ、海に落とし入て御入水と申ふらし、実は夫より彦山に山越え遊ばされ、御隠れなさる。原田種直を御頼みあり、其御子様即ち惟宗知宗公也と申由。

  (巻六 仏寺 25)暢願寺に、以前盗人入て、寺の縁の桁に掛たる半鐘と、別に小祠を設けて置きし弁財天の像とを取り去けり。吟味あれ共知れず。其後数年を経て、旅人寺に来り、弁財天の像を出して、「是は御寺のもの也と申事に候。私の所縁の者、人より買いしに、その後より心地常ならず。一夜夢に人来りて、『我は対馬国のもの也。池の上に住む事久し。早く元の国へ返せ』と申され候。夢さめて買主、定めて此御像成べしと存じ候故、此節頼まれて持渡候。人に尋ねて候へば、御寺のもの成べし申候。」と云。住僧是を見るに、則ち盗まれし弁財天の像に相違なし。則ち受取りて本の如く安置せり。後此話弘まりて、参詣の人多かりければ、願いて開帳せしと也。

 

 

 

 

映画 バクダッドカフェ (1987)

  カリフォルニアの砂漠にあるここバクダッドカフェはおしゃれなカフェでは無く廃業寸前のモーテル兼レストランといったところである。モーテルの一室には女性刺青師が部屋を借りて開業しておりキャンピングカーに住んでいる老人もいる。店主のブレンダは攻撃的な性格の人物で音楽好きな息子をガミガミと叱り、ぶらぶらしている夫を罵る。映画の冒頭で夫は車で家出をしてしまった。

  さてここにやって来たのはどうみても場違いのドイツ人の太ったおばさんで名前をジャスミンというが宿泊を申し込みカフェでコーヒーを所望する。あいにくコーヒーメーカーは壊れており従業員が砂漠で拾ってきたポットのコーヒーを出してみたところ口にあったようだ。何の事はないこのポットはジャスミンが砂漠に置いてきたものなのである。   

  このようなシュールな状況が一変するのはこのむすっとしたジャスミンが長逗留するうちにカフェを手伝うようになってからである。最初はブレンダとジャスミンは対立していたがある日ブレンダが折れて仲直りする。ジャスミンがたまたま手荷物にあった手品セットを練習してマジックと音楽のショーを始めたところバクダッドカフェは大盛況となりブレンダもミュージカルスター並みの歌声を披露する。なにもかも上手く回転していった日々にも終わりが来る。観光ビザで入国していたジャスミンが移民局に呼び出され強制退去となったのである。

  骨組みとしてはこのような話だが何か騙された様な気がする。いきなりやって来たジャスミンがブレンダを感化して立ち直らせたというストーリーだがこのような救いの神は現実にはやって来ない。ブレンダ自らが誠実さを学び改心する他にはこのようなカフェの生き残る道はないのである。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Korg Nutube使用プリメインアンプ II

  I の方は出力が取れずに断念した。こちらは8Ω負荷で5Wでる。

 

f:id:hohon77:20170411142521j:image

 

f:id:hohon77:20170411142522g:image

f:id:hohon77:20170411142529g:image

f:id:hohon77:20170411142559g:image

   NUTUBE無しの特性

f:id:hohon77:20170411142601g:image

 

f:id:hohon77:20170411142612g:image 

  クラシックをソースに選ぶととてもいい感じになる。

 

 

 

 

 

 

DUAL GATE MOS FET プリアンプ II (3)

   組みあがったのでアイドリングとDCオフセットを調整する。安定度は素晴らしい。

 

f:id:hohon77:20170408170032j:image

 

  音は一号機より若干良くなっている。2V以上出力すると終段の石が壊れるので測定は止しておく。

すでに一組壊してしまった。