読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CR型イコライザー III (4)

  DCサーボを組み込む。モジュール着脱式になっている。

f:id:hohon77:20170508111443j:image

    信号経路からケミコンを追放した。聴き慣れた音になっている。PRAー2000を聴いているかのようだ。

f:id:hohon77:20170508111455g:image

 

f:id:hohon77:20170508111511g:image

 定数はシミュレーターで決定した。

f:id:hohon77:20170508111519g:image

 

f:id:hohon77:20170508111527g:image

 

 

中国の革命と文学3 郭沫若 郁達夫集

  郁達夫(いくたっぷ)の日本語テクストは読もうと思っても数が少ない。図書館でこの本を見つけて幾つかの短編を読んだ。春風沈酔の夜、過去、わが夢わが青春の三題で全部である。

  「過去」はマカオに流れ着いた失意の主人公がまったりと退廃したマカオの雰囲気を気に入りここに住もうと思った矢先、かつて交友のあった美人四姉妹の三女と再会する事で心が掻き乱され、楽しくもほろ苦い過去の日々が回想される。その当時次女に片思いしていた主人公は結局振られてしまうのだが三女とも後味の悪い別れをする。純文学風の情景描写もさることながら人物の描写もなかなか鋭いのに驚いた。

  「春風沈酔の夜」はほとんど無一文になった主人公が貧民窟のアパートに住むようになり隣人の貧乏な少女に淡い恋心を抱く話である。主人公はほとんど外に出ずたまに翻訳と小説を投稿しては糊口を凌いでいるという状況である。遂には夜に徘徊するようになり少女に泥棒団と誤解される。少女もタバコ工場の過酷な労働に苦しんでいる。やがて小説が一つ採用され原稿料が入り主人公が少し元気になる所で終わる。「わが夢わが青春」は筆者の幼年期から日本に留学するまでが述べられている。そこから先は「沈淪」に書いてあるのだろう。郁達夫に関する研究書は多いようだが入手可能なオリジナルのテクストは数少ないようだ。

 

 

 

 

 

 

オペアンプ使用イコライザー (4)

フィルター部を三つ追加した。

f:id:hohon77:20170507134809j:image

④ 双信 QS30 50WV/1500PF
双信 QS04 50WV/ 5050PF

ひんやりとして音の分離が良く音像が立体的になる。質感もきめ細かく爽やか。 LME49720とこれで組めば驚異的なイコライザーになる。

 

ポリプロピレンコンデンサー 63V 1500pF    
ポリプロピレンコンデンサー 63V 5600pF

 

明るい感じがして良いかと思ったが質感が良く無い。キツイ感じが出てこれは我慢できないレベル。

 

⑥CaAmcE-152J 100V 1500pF (銅箔ポリプロピレン
CaAmcE-472J 100V 4700pF

 

柔らかくて良い質感が出ている。QS程の定位感は無い。

ついでに①〜③の印象も述べておく。

 

f:id:hohon77:20170507134823j:image

①SE 1500P
SE 5100P

 

QSに加え蜜のような甘さが加わると考えればいいだろう。

 

②スチロールコンデンサー 1500P
スチロールコンデンサー 5100P

 

質感はいい。SEコンデンサー並み。

 

③積層セラミック 1500P
積層セラミック 5100P

 

 空間描写はマイカ系に近い。質感も悪く無い。最高級機に載っていても違和感は無いだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CR型イコライザー III (3)

   SITのDCアンプを載せてみる。

 

f:id:hohon77:20170507055934j:image

 

f:id:hohon77:20170507055902g:image

 

f:id:hohon77:20170507055906g:image

     ふわりとした音になる。強靭さではバイポーラが良く、シャープさではデュアルゲートMOSが優っている。

 

 

 

CR型イコライザー III (2)

    上條式ノンスイッチングアンプを搭載する。

 

f:id:hohon77:20170505104002j:image 

f:id:hohon77:20170505103949g:image

f:id:hohon77:20170505104012g:image

   音はキメが細かくツヤがありバイポーラらしくズシンとくる。PRAー2000にかなり近い音だ。ゲイン100倍だとドリフトが酷いので今はACアンプにして馴らしながら聴いている。これはDCサーボが必要だろう。

 

CR型イコライザー III

   このような構成で実験してみる。

 f:id:hohon77:20170504112944g:image

    ディスクリートの部分にはいろいろ載せられるが最初はバイポーラ入力のアンプにする。

f:id:hohon77:20170504111504g:image 

f:id:hohon77:20170504111646g:image

  ゲイン100倍の時のノイズフロアを見る。

 

f:id:hohon77:20170504111908g:image

 

f:id:hohon77:20170504111913g:image

 

f:id:hohon77:20170504111932g:image

  意外にもディスクリートが一番良い。

f:id:hohon77:20170504112025j:image

f:id:hohon77:20170504112001g:image

   最大出力が小さいのは 前段アンプにバッファが無いためと思う。 

  

 

 

 

 

 

TASCAM US-144mkII

  Sound BlasterからTASCAM US-144mkII に機器を変更した。

f:id:hohon77:20170503104411j:image

  ノイズフロアの差は約20db

f:id:hohon77:20170503104557g:image

 

f:id:hohon77:20170503104602g:image

   CR型ディスクリートイコライザーを測定するとこうなる。

f:id:hohon77:20170503104648g:image 

 

f:id:hohon77:20170503104701g:image

   ノイズフロアと歪の検知レベルが改善する。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする