読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 超高速!参勤交代 (2014)

老中の命で理不尽な参勤交代を命じられた湯長谷藩主内藤政醇は五日で江戸城まで辿り着かねばならない。出来なければ藩は御取潰しとなる。覚悟を決めた内藤は家老の相馬以下数名の家臣と共にこの難題に挑んだ。 忍者の霧隠段蔵に先導してもらい山中を駆け抜け…

映画 罠にかかったパパとママ (1961)

ディズニー映画とは教育的配慮と破天荒な仕掛けの混合であると規定されるがこれはそのとおりの作品になっている。ボストン郊外のキャンプに参加した二人の少女が髪型こそ違え瓜二つでお互いそれに気づいて反目しあう。二つのグループでいたずら合戦を展開し…

映画 真昼の死闘 (1970)

クリント・イーストウッドの映画は大人の夢とペーソスの混合という風に規定されるがこの作品はペーソスの部分が少ない。舞台はフランス占領下のメキシコで、革命軍がフランス軍に抵抗している状況である。主人公は淫売婦のサラ(シャーリー・マクレーン)で…

映画 ガス燈 (1944)

有名人気歌手アリス・アルキストがロンドンの自宅で死体で発見される。ロンドン警視庁の捜査では犯人を特定できず迷宮入りする。同居していた姪のポーラはイタリアで声楽の先生について歌手を目指す事になる。事件から10年経ち大人になったポーラは歌手にな…

映画 イエローハンカチーフ (2008)

題名からわかるようにこの映画は幸福の黄色いハンカチのリメイクである。6年の刑期を終えた初老の男性ブレットが若い男女とアメリカ南部を車で旅をする。ロードムービーと言えば日常から解き放たれた解放感とレストランでホッとひと息つく感覚が見ていて味…

映画 96時間 /リベンジ (2012)

元CIA工作員ブライアンが元妻のレノーアと娘のキムとイスタンブールで休暇を楽しもうとした矢先に謎の組織に拉致されるという話。設定も24時間とよく似ているし主人公が当事者として最強であると言うのも同じである。まずブライアンとレノーアが敵の手に落ち…

映画 ブロンコ・ビリー (1980)

移動しながらテントで興行を打つ西部劇の一座のお話である。座長で興行主のブロンコ・ビリー(クリント・イーストウッド)は西部一の早撃ち、といってもベトナム戦争をやっている頃の現代の話だから一般からは時代錯誤とみられている。田舎の少年たちがヒー…

映画 8月の家族たち (2013)

女系家族賛美の映画である。オクラホマ州の片田舎の夏はクソ暑いらしい。元教師で詩人のぺバリーは引退して本に囲まれ酒を飲んで暮らしていた。T.S.エリオットが好きで釣りが趣味らしい。妻のバイオレットは娘を三人育てたが地元で暮らしているのは次女のア…

映画 真夜中のゆりかご (2014)

デンマークの湖畔の瀟洒な家に美人妻と住む善良でハンサムな警官アンドレアスと離婚して酒びたりの中年警官シモンが相棒を組む事件簿ストーリーとなっている。北欧らしく二人の上司は女性であり、監察医も女性医師で監督も女性監督である。そして二つの母性…

映画 神々と男たち (2010)

ある修道院の早朝の祈祷、学課の映像が映し出されるが程なく現代の話であることがわかる。修道士は村に溶け込んでおり畑仕事、墓地の修理、ハチミツの販売、これが一番重要なのだが無料の医療奉仕を行っている。担当は老医師のリュックである。村人に教えて…

映画 ビッグリバー (2005)

冒頭にナショナルジオグラフィックに出てくるような荒野の雄大な映像が出てくるがこれはイマイチである。ポンチョを着た若い男(オダギリジョー)が歩いて国境を越える。主人公のテッペイである。アリゾナの荒野を彼は進んで行くがレンタカーに乗ったパキス…

映画 君を想って海をゆく (2010)

BS ドキュメンタリー 止まらないEUへの難民流入 (2015)の具体例のような映画だが色々とロマンチックな仕込みがある。 イラクからカレーまで陸路逃げてきた美少年シモンはトルコ人による虐待のトラウマから普通にトラックで密入国出来ないという設定だ。ロ…

映画 ぼくたちのムッシュ・ラザール (2011)

フランス語が飛び交う清潔な感じの小学校でのお話。子供たちは雪の中で遊んでいる。牛乳当番のシモンがいつも通り教室に行くと担任の女教師が首吊り自殺していた。真っ先に見たのはシモンである。アリスも窓から覗き込み見てしまった。早速カウンセラーが手…

映画 冷たい熱帯魚 (2010)

冒頭と結末にオリジナルのストーリーが付け加えられているが中身は1993年の埼玉愛犬家連続殺人事件の再現映画である。主犯の夫婦は現在死刑囚だが共犯の男が出所して手記を出版しているので映画もなかなかリアルに再現されているようだ。 主人公の社本が…

映画 デイズ・オブ・グローリー (2007)

命の戦場−アルジェリア1959で見たフランス軍のえげつない殺戮から遡ること15年のお話である。この時はまだアルジェリアの兵士がフランスに忠誠を誓っておりナチスドイツ軍と戦うことになる。彼らはフランス語を流暢に話すがイスラム教徒のアラブ人でありベ…

映画 女ひとり大地を行く (1953)

秋田の貧農一家に借金の取り立てが来る。返済のため父(宇野重吉)が炭鉱のタコ部屋に入る。夕張か釧路の炭鉱である。普通なら年頃の娘が借金のかたに売られてゆくのだがこの一家は男の子が二人である。さて炭鉱での労働は厳しく男気のある父は同僚の逃亡を…

映画 ミッシング (1982)

クーデター時に軍が在留米人を連行して処刑したのであるから外交問題であるのだが領事館側はひた隠しにする。行方不明になったのはチャールズ・ホーマンという実在の人物でこの映画は実話である。妻エリザベスとニューヨーク在住の父親エドモンドが領事館に…

映画 ビッグ・バグズ・パニック (2009)

昆虫が人間くらいの大きさになったら地球上で最強だろうと言われているがこれはB級映画でありながらそれを実写で再現したものである。 巨大な甲虫類が突如町を壊滅させる。生き残ったクーパー他数名は虫と戦いながらサバイバルしなければならない。虫はショ…

映画 日本の黒い夏ー冤罪 (2001)

1994年6月の松本サリン事件の報道の過熱とその冤罪性について検証した映画である。地元の高校生が日テレ系の地方局を取材して真実に迫るという体裁を取る。取材を受けたのは報道部のチーフと数名のスタッフである。 いくつかの要因があって河野氏が被害を被…

映画 アラビアのロレンス (1962)

アラブ独立の英雄T.E.ロレンスの活躍を描いた3時間47分の一大巨編である。史実に基づいているが原作と比べるとかなり脚色がなされている。物語風にわかりやすく改変されたうえにシェークスピアのような仕掛けも各所に見られる。音楽はアラビア風の主題を用い…

映画 大鹿村騒動記 (2011)

大鹿村伝統の歌舞伎を題材にしたコメディである。村で料理店を営む善ちゃん(原田芳雄)は景清の口上の稽古に余念がない。そこへ募集広告を見てやってきた女の子のような青年(後にLGBTであると告白)が現れ、駆け落ちした妻が間男と一緒に村に帰ってくる。…

映画 彼女が消えた浜辺 (2009)

現代イランの話である。イスラム革命、イラン・イラク戦争の時代を経て社会も落ち着きを取り戻しつつある。それは15歳から60歳の間で死亡する割合の成人死亡率のデータに如実に現れている。 さて物語だが大学の同窓生の家族が毎年別荘を借りてバカンスを楽し…

映画 長い散歩 (2006)

元校長の松太郎(緒形拳)は妻に先立たれ娘から人殺しと罵られる。実直に生きてきた松太郎には借金があるわけでも無いが家を娘にやり一人でアパート暮らしを始める。妻を幸せに出来なかったからと言って娘から縁を切られるというのは無理がある。アル中にな…

映画 鬼火 (1963)

主人公のアランはきれいな目の美男子だがベルサイユの精神病院で療養している。アメリカ人の妻がいるが彼女はニューヨークに帰っており手紙でやりとりするだけである。アランはかつてパリで仲間達と華々しい生活を送っていたがアル中になりここでこうしてい…

映画 バーレスク (2010)

ロサンゼルスの場末にあるショーを行うバーがバーレスクである。元スターのテスが自分の趣味を100%満足させる為に豪華なショーを連日行っている為経営は赤字である。ダンサー達は下着姿でパンチの効いた歌とダンスを繰り広げる。ストーリーはアイオワから出…

映画 わが母の記 (2011)

ビッグネームである井上靖原作の映画は何本か観たがどれもぬるま湯のような印象を受けた。これはホームドラマ仕立ての自伝である。作家として成功を収めた主人公である洪作の父が危篤になる所から始まる。軍医上がりの父は妻の実家のある伊豆の山の中に引退…

映画    砂と霧の家 (2003)

革命を逃れてイランからアメリカに亡命してきたベラーニ大佐の一家は昔の恵まれた生活とは打って変わって霧の多い沿岸の都市でひっそりと暮らしていた。心労で打ちひしがれている妻と家族を守るためベラーニは昼は道路工事、夜はストアの店員をやりながら上…

映画 戦場のメリークリスマス (1983)

日本占領下インドネシアの捕虜収容所における不条理劇である。オランダ人、イギリス人、オーストラリア人が捕虜となっている。所長のヨノイ大尉(坂本龍一)は二二六事件のトラウマからある種の実存モードになっており、ハラ軍曹(ビートたけし)は俗物、日…

 映画 イングリッシュ ・ペイシェント (1996)

のどかなイタリアの廃墟となった村に大火傷を負って死にかかっている名無しの患者とカナダ人看護婦がやって来て終戦までの時を過ごす。何だか変わった状況だがここまでの経緯は複雑である。映画の冒頭に出てくるのは砂漠の上を優雅に飛行する複葉機、広がる…

映画 少年メリケンサック (2009)

諧謔たっぷりの宮藤官九郎監督脚本作品。レコード会社の契約社員かんな(宮崎あおい)がコマネズミのように駆け回りネット動画で見つけたパンクバンドを社長に報告する。バンド名は少年メリケンサック。社長は動画を見てOKを出しライブを決定、契約交渉のた…

映画 血と骨 (2004)

戦前に済州島から日本に渡って来た在日一世である金俊平の一代記である。俊平は大阪に大型船でやって来て蒲鉾工場で働く。同胞の女性を妻にして二人の子をもうける。花子と正雄である。花子は父と夫のDVに耐えられずに自殺している。正雄も父のDVが原因…

映画 闇金ウシジマくん (2012)

闇金ウシジマくんはビッグコミックスピリッツに連載されているコミックで映画化作品は現時点で四作ある。今回見たのは一作目である。 闇金が引き起こした現実の種々の問題はドキュメンタリーで抉り出せばいいものが出来るはずである。だが日本ではそのような…

映画 娘・妻・母 (1960)

母(三益愛子)、妻(高峰秀子)、娘(原節子、草笛光子、団令子)という配役になっている。長男(森雅之)と妻と一人息子と母とでお屋敷に住んでいる。そこに次女夫婦が事情があって同居している。映画の冒頭で里帰りしていた長女の夫が旅行先の事故で急死…

映画 息もできない (2008)

主人公のサンフンは闇金の取り立ての実働隊リーダーである。学校は出ていないが社長が友人なので優遇されている。街で暴れたり舎弟の若者に暴力を振るうが仕事では実を上げている。甥っ子を可愛がっているが刑務所を出たばかりの父親がいる。取り立ての方法…

映画 クロッシング (1999) 原題 BLOWBACK

モレル刑事は猟奇シリアルキラーであるウィットマンをついに追い詰めて逮捕する。ウィットマンは一般人をターゲットにして猟奇的な処刑を行うがそれは聖人の殉教の姿を模したものだった。死体には必ず章句の番号を残す。聖書を諳んじているモレル刑事は現場…

映画 パキスタンゾンビ (2006)

経済が発展しつつあるパキスタンのイスラマバードでは高速道路の整備が進み公害問題が生じている。水質汚染や伝染病の発生に対し住民らが抗議行動を起こす。一見社会派風のつかみであるがこの映画の中身はホラーである。 イスラマバード郊外のジャンナップ・…

映画 青春群像 (1953)

イタリア映画が安心してみていられるのは二幕もののオペラの雰囲気を踏襲しているからだろう。ほど良い音楽が配され人物描写が濃密である。フェリーニ監督のこの作品もニノ・ロータの劇伴風の音楽があり主人公のファウスト、彼の妻になったサンドラの心の描…

映画 何かが道をやってくる (1983)

レイ・ブラッドベリの幻想的な小説をディズニーが映画化したものである。主人公の二人の少年ジムとウィルが町にやってきた移動式カーニバルの秘密を探りウィルの父親と共同で町から撃退する。このカーニバルは伏魔殿であり町の人達が魔法にかけられて破滅し…

映画 ブレスト要塞大攻防戦 (2010)

ポーランド国境に接するように築かれたソ連軍のブレスト要塞がドイツ軍の攻撃によって陥落する話である。悪辣で非人道的なドイツ軍対同士愛に満ちた革命戦士であるソ連軍という構図で描かれている。100%プロパガンダ映画であることに間違いない。 ここブレ…

映画 ソルジャーズ・オブ・フューリー (2014)

北ベトナムに軍事援助していたソ連が実は大量の兵士を投入して戦闘に加わっていたという事実を暴露した映画になっている。雰囲気としてはグッドモーニングベトナム(1987年)に近いものがあるがそれを真逆に見たものになっている。 扱いにくいソ連軍特殊部隊…

映画 エリザベス:ゴールデン・エイジ (2004)

イングランドの女王エリザベス一世は国教の問題、バチカンとの対立、強国スペインによる侵略などの難題を抱えながらも、重臣のウォルシンガム、侍女のベスのサポートを受け権力者として女王の仕事をこなしていた。 スペインの使節、海賊のローリー、雑技団等…

映画 ある子供 (2005)

赤子を抱く金髪の少女ソニアが産院から帰ってきた。父親のブリュノはチンピラで住むところもお金もない。泥棒で生計を立てている。ソニアの部屋を勝手に人に貸しており今日から寝るところもないという状況である。 夜になり二人は木賃宿へ泊まる。ブリュノは…

映画 さらば夏の光 (1968)

一柳慧のオリジナル曲が来てリスボンの豪壮な教会の映像が出て男の独白が始まる。そして主眼は勿論岡田茉莉子の美貌である。独白は理屈っぽく岡田茉莉子の独白も朗読のようだし果たして芸術になりえているのか疑問符が付く。一柳のストラビンスキー風の曲が…

映画 山の音 (1954)

62歳になる主人公の信吾は老妻と息子夫婦と鎌倉で暮らしている。信吾は東京のオフィスに重役として電車で通勤している。息子の修一は同じ会社に勤めており妻は専業主婦である。このストーリーの肝は美しい嫁である菊子を信吾が愛しており息子は不倫すると…

映画 レヴェナント (2016)

先住民の居留地に入り毛皮を獲り商売をする一団がこれから引き上げようとする矢先に先住民に急襲される。ほぼ壊滅するが隊長ら残った一団は船を捨て陸路を山越えし砦まで逃げる道を選ぶ。主人公で猟師のグラスが先導する。だがキャンプの翌朝偵察に出たグラ…

映画 本日休診 (1952)

井伏鱒二の同名小説の映画化。戦争で息子を失った老医師が甥と一緒に市中に病院を営んでいる。老医師はある一日病院を休診にしてゆっくり昼寝でもしようと思ったがいろんな出来事が起こる。甥の院長と看護婦達は伊豆の温泉へ行ってしまった。この日は事件絡…

映画 いつも二人で (1967)

イギリス人建築家マークと美人妻ジョアンナがフランス南部を車で旅をする。仕事で成功したマークは白いベンツSLを駆りエアフェリーでフランスに入り顧客のレセプションに妻と出席するという設定だ。ヘンリーマンシーニの音楽が花を添える。 既に二人の仲は冷…

映画 夢の旅路 (1997)

主人公は出自不詳で自殺願望の強い中年男ヘンリーである。ニューヨークのタクシードライバーをやっている。ヘンリーは強盗に逢い、フランスの老人ドキュメンタリー隊に逢い一人の女に遭遇する。女の名はファティマで毛糸工場の夜勤をしていると言う。ヘンリ…

映画 ヘアスプレー (2007)

人種差別がまだ残る1962年のボルチモアが舞台のミュージカル映画。黒人と白人の居住区は別でクラスも別々、テレビの番組でも一緒に踊ることは無い。歌と踊りが好きな白人高校生トレイシーは学校に通いながら舞台に立つことを夢見ている。巨体の母はクリーニ…

映画 白夜のタンゴ (2013)

映画監督のアキ・カウリスマキがしかめ面をしてタンゴの起源はウルグアイでもアルゼンチンでも無くフィンランドであると力説する場面から始まる。それを見たアルゼンチンのタンゴ奏者の三人がフィンランドを旅してそれが真実であるのか検証しようとする。 森…