読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 本日休診 (1952)

井伏鱒二の同名小説の映画化。戦争で息子を失った老医師が甥と一緒に市中に病院を営んでいる。老医師はある一日病院を休診にしてゆっくり昼寝でもしようと思ったがいろんな出来事が起こる。甥の院長と看護婦達は伊豆の温泉へ行ってしまった。この日は事件絡…

映画 いつも二人で (1967)

イギリス人建築家マークと美人妻ジョアンナがフランス南部を車で旅をする。仕事で成功したマークは白いベンツSLを駆りエアフェリーでフランスに入り顧客のレセプションに妻と出席するという設定だ。ヘンリーマンシーニの音楽が花を添える。 既に二人の仲は冷…

映画 夢の旅路 (1997)

主人公は出自不詳で自殺願望の強い中年男ヘンリーである。ニューヨークのタクシードライバーをやっている。ヘンリーは強盗に逢い、フランスの老人ドキュメンタリー隊に逢い一人の女に遭遇する。女の名はファティマで毛糸工場の夜勤をしていると言う。ヘンリ…

映画 ヘアスプレー (2007)

人種差別がまだ残る1962年のボルチモアが舞台のミュージカル映画。黒人と白人の居住区は別でクラスも別々、テレビの番組でも一緒に踊ることは無い。歌と踊りが好きな白人高校生トレイシーは学校に通いながら舞台に立つことを夢見ている。巨体の母はクリーニ…

映画 白夜のタンゴ (2013)

映画監督のアキ・カウリスマキがしかめ面をしてタンゴの起源はウルグアイでもアルゼンチンでも無くフィンランドであると力説する場面から始まる。それを見たアルゼンチンのタンゴ奏者の三人がフィンランドを旅してそれが真実であるのか検証しようとする。 森…

映画 無能の人 (1991)

竹中直人監督主演の映画だけあってシュールなホームドラマとしても中々の出来になっている。主人公は三人家族で妻と子が居る。多摩川近くの公団住宅に住んでいる。妻は天才漫画家としての夫の才能に惹かれて結婚したが今は貧乏である。主人公にはいろいろ理…

映画 カーリー・スー (1991)

巻き毛の美少女カーリーは育ての親ビリーとシカゴに出てきて夜は救護院で寝て昼は当たり屋をやるという毎日である。当然学校には行っていない。今日は駐車場に停めてあったベンツがバックするところを狙ってビリーが当たったふりをする。運転手はやり手の美…

映画 グランドホテル (1932)

自称男爵のガイゲルンは人気バレリーナグルシンスカヤの宝石を狙っている。グランドホテルに泊まり込み盗み出すチャンスを窺っている。今夜決行するらしい。会社社長のブライシングは合併の案件を進める為同ホテルに宿泊し美人タイピストのフレムへェンを今…

映画 炎のジプシー・ブラス 地図にない村から (2002)

放浪中のドイツ人ヘンリは超絶技巧のジプシーバンドが有ると聞きおんぼろ車でルーマニアの村を訪れる。彼らは結婚式で演奏しご祝儀をもらったりしているが貧乏だった。ヘンリが彼らにレコードを作らせ公演旅行をアレンジする。友人のヘルムートが事務所を立…

映画 リアリズムの宿 (2003)

主人公の坪井と友人の友人である木下がまず訪れたのは鳥取の鄙びた旅館である。だが休業中だったので近くの旅館に泊まる。山の中なので昼は渓流釣りをし夜は酒盛りをする。二人は殆ど初対面であり相性も良くないのでしばしば衝突する。ここまではトホホな展…

映画 ナイロビの蜂 (2005)

ナショナルジオグラフィックに出てくるようなケニアの湖沼に一台の車が横転している。すぐさま警察がやって来て死体を回収してゆく。空には水鳥の一群が幾何学模様を描きながら旋回している。 死体は外交官夫人で弁護士のテッサだった。テッサは製薬会社の悪…

映画 処刑人 II (2009)

箴言のようなナレーションとともにハードボイルドな映像が出てくる作りだがセリフは卑猥だしアクションには間抜けでコント的な部分もある。 8年前ボストンで連続殺人事件を起こしたコナーとマフィーはアイルランドの田舎に逃れ年老いた父親と隠遁生活を送っ…

映画 ぼくたちの家族 (2014)

この映画は東京近郊の一家族の危機と再生を描いた作品だが作者の周りで起こったことを脚色して書いたもののようだ。ならばドキュメンタリーの方が心を打つかもしれない。 書く題材には事欠かないはずである。母親が脳の悪性腫瘍で入院騒ぎになるのだから。だ…

映画 にごりえ (1953)

明治の東京を活写した樋口一葉の小説を映画にした作品。第一話の「十三夜」では女性を乗せ夜道を行く人力車が一軒の家に入る。おせきが実家に里帰りしたのだ。両親は喜んで迎え入れるが夫と子供がなぜか来ていない。しばらくするとおせきが泣き出し夫とは別…

映画 3人のエンジェル (1995)

ニューヨークでドラッグクイーンをやっているヴィーダとノグジーマはドラッグクイーンコンテストで同率一位となり全米大会への切符を手にする。二人がアパートへ帰ると階段でコンテストに落ちたチチが泣きべそをかいて何か言っている。ヴィーダが同情し三人…

映画 姉のいた夏、いない夏。 (2001)

1960年代の終わりから赤軍のコマンドはヨーロッパで銀行強盗やテロを行ったりレバノン南部に送られイスラエル軍と戦ったりしていた。その頃アメリカの中流家庭で育った二人の姉妹フェイスとフィービーは父の残してくれた国債で高校卒業後は世界を見て回…

映画 花よりもなほ (2006)

舞台設定と話の流れは山本周五郎の時代劇を模したものだがこの映画はきれいごとに終始していて心を抉るような物が無い。おそらく現代人の感覚をわざと登場人物に持ち込んでいるからだと思う。自由、平等、博愛、民主主義が見え隠れする時代劇と言うのも珍し…

映画 セントエルモスファイア (1985)

7年ごとの記録 アメリカ 22歳になりました風に書くと、 アレック ジョージタウン大卒。政治家秘書をしながら出世を目指す。 同級生のレズリーと同棲している。後半で浮気がばれ破局する。 レズリー ジョージタウン大卒。建築家としてキャリアを積もうとし…

映画 居酒屋兆治 (1983)

これは山口瞳の同名小説を映画化したものなのだが驚くほどベタな筋書きが展開してゆく。主人公の名前は英治だがみんな兆治、兆治と呼んでいる。 元高校球児の兆治(高倉健)は肩を痛めプロ野球を断念、←ベタ大企業に勤めるが首を切る仕事が嫌だという実存的…

映画 モホークの太鼓 (1939)

英国領13州のうちの一つニューヨーク州の辺境に新婚のギルとラナが入植し新生活を始める。世は独立戦争の最中でモホーク族と組んだ王党派が愛国派の村に襲撃を仕掛けてくる。襲撃により家を焼かれたギルとラナだが未亡人の家で使用人として働く事になる。…

映画 アメリカ、家族のいる風景 (2005)

ハワード・スペンスは初老のハリウッドの映画スターで西部劇の撮影中に馬に乗り逃げ出した。冒頭のナショナル・ジオグラフィックに出てくるようなパノラマ映像はハワードが砂漠の中を逃げる場面である。ハワードはレンタカーとバスを乗り継いで母のいる実家…

映画 きっとここが帰る場所 (2011)

最初に述べておくとこれは実存的会話と詩的な映像から成る大変ユニークな映画だった。 年齢不詳の元ロックスターのシャイアンは消防士の妻とアイルランドで暮らしている。シャイアンはド派手なメイクとファッションで街を歩く。だがもう引退しているのでセレ…

映画 ダイダロス 希望の大地 (2012)

18世紀初頭満人トゥリシェンの一行が旅をしている頃、強大なジュンガル(オイラート)は清と戦争状態にあり西方ではカザフ族を圧迫していた。この映画はジュンガルに家族を殺されたカザフ族の青年が立ち上がりカザフを攻めてきたジュンガルを撃ち破るという…

映画 テラスハウス クロージング・ドア (2015)

テラスからのオーシャンビューが楽しめる白亜の邸宅には自由に使って良い二台のトヨタ車が。若者には不相応なこのシェアハウスにまたまた六人の男女が集う。すでに有名人になった哲也(俳優の卵20才)、大卒のOL兼グラビアアイドル佑衣子(24才)、専門…

映画 ストレイト・ストーリー (1999)

今回もロードムービーだがアイオワ州ローレンスから兄の住むウィスコンシン州マウント・ザイオンまで560kmの道のりを主人公がトレーラー付きトラクターで旅をしたという実話である。デビッド・リンチ監督作品でカンヌ映画祭パルムドールを受賞している。 主…

映画 海街ダイアリー (2015)

父親の家出、母親の家出と複雑な家庭環境のもと鎌倉の一軒家に住む三姉妹の幸、佳乃、千佳の日常を描くドラマ。佳乃の朝帰りのシーンで始まる。相手の男性は金銭トラブルで早々と姿を消した。ナースの幸は同じ病院の小児科医と不倫中で三年付き合った後男は…

映画 ネブラスカ (2013)

最近ロードムービーを多く観ているがこれはモンタナからネブラスカまで1500kmの車の旅だ。どちらかというと賞狙いのくだらない作品だ。 酒飲みの元修理工場経営者のウディが次男のデビッドに連れられスバルのワゴンで出発する。旅の目的は当選金100万ドル…

映画 トランスアメリカ (2005)

スタンリーは両親の愛を受けて育ったが性同一性障害のために悩み多い人生を送っている。大学に10年も通ったものの学位も取れず今は通販の電話勧誘の仕事をしている。ホルモン剤を飲み名前もブリーに変えている。一週間後に性転換の手術を受ける予定になって…

映画 天国の口、終わりの楽園 。 (2001)

スペインのセレブは軽薄だなーと思って見ているとメキシコの話だった。メキシコの上層はスペインと同じで下層にメスティーソとインディオがいる構造だ。勿論最下層の白人もいる。主人公のテノッチとフリオは高校を卒業したばかりで大学に行く予定だが遊び呆…

映画 闇の列車、光の旅 (2009)

熱帯の農業国ホンジュラスを捨てて米国を目指す叔父と父。主人公の少女サイラは気が進まないが同行する。熱帯のジャングルを超えてグアテマラに入る。メキシコに入ると米国行きの貨物列車がある。列車の屋根に移民たちが乗っている。それに目をつけたメキシ…

映画 Little Bird イラク 戦火の家族たち (2005)

2003年3月のバグダッド市内の様子。夜店に人々が集まりパンを頬張ったり水タバコを吸う。普通の中東の都市の光景である。子供らも元気だ。食料もふんだんにある。だが二日後に開戦になる。店主は店を閉めて避難するという。 開戦前日、町の商店にはシャッタ…

映画 めぐみ 引き裂かれた家族の30年 (2006)

1977年11月15日新潟市立寄居中学校の横田めぐみさんが下校途中に姿を消す。一週間後に公開捜査が行われる。しばらくは家出の可能性もあるとされ小川宏ショーで母親が視聴者に呼びかけている。そのころアベック三組の謎の蒸発という不気味な事件が日本海側の…

映画 絵の中の僕の村 (1996)

時は昭和23年、高知県の田舎の話である。後に絵本作家になる双子の少年が住んでいた。兄が征彦、弟が征三である。双子なので遊び相手には事欠かない訳で自然の中で楽しく伸び伸びと育っていた。姉も母も口うるさい方である。子供らは母が教諭を務める小学校…

映画 夏の庭 The Friends(1994)

関西の小学生の仲良し三人組が変な遊びを思いついた。一人の老人がポックリ死ぬところを観察して発見者になるという遊びだ。河辺くんのおかんが「あそこの老人はもうすぐ死ぬで。」と言っていたからである。庭に忍び込むと白髪の老人がよろよろと出てきた。…

映画 奇跡の2000マイル (2013)

主人公のロビンはアリス・スプリングスからエアーズロックを経てインド洋までラクダ3頭を連れて旅をする計画を立てる。みんなは無謀だと言う。その為に牧場に住み込んでラクダの調教から始める。その辺の描写はなんだか哲学的で音楽も相俟ってロビンの心象…

映画 バビロンの陽光 (2011)

ナショナル・ジオグラフィックに出てきそうな砂漠の風景の中を一人の老女が歩いている。ここはイラク北部の砂漠で孫のムハメッドと二人で1000km先のナシリアへ行こうとしている。ヒッチハイクするつもりだが大型トラックは簡単には止まってくれない。なんと…

映画 濹東綺譚 (1992)

映画は荷風が一人暮らしをしていた麻布の偏奇館から始まるのでこの作品は断腸亭日乗に濹東綺譚が組み込まれた構造だと分かる。荷風が48歳頃に妾として囲っていた関根うたのエピソードが出てくる。うたは麹町の芸者で荷風が1000円で身受けしたという。うた…

映画 血と怒りの河 (1968)

国境近くに巣食っているメキシコ人盗賊団の首領オルテガには四人の息子がいた。そのうちの一人アズールは白人移住者の孤児で金髪碧眼の美青年に成長していた。ある日盗賊団は寂れた町を襲い巡回中のメキシコ軍の小隊を陵辱するがその時のアズールの残忍さが…

映画 オン・ザ・ロード (2012)

主人公のサルは作家志望の青年、ディーンはワル、カーロは気のいい変わり者、この三人がニューヨークで出会い意気投合し遊んだり旅に出たりするという話。ディーンには彼女がいてみんなでマリファナをやったりベンゼドリンをやったりする。ディーンもサルも…

映画 ダージリン急行 (2007)

不仲だった三兄弟が父の死後一年経ってから再会する。長男のフランシスの提案で仲直りの為のインド旅行をする。目的地は伏せられているが母親がいるとされているヒマラヤの修道院だ。三人は最高級の寝台列車に乗り込み旅が開始する。仲直りしたと言ってもフ…

映画 サバイバル・フィールド (2009)

ヨーロッパのペイントボールのイベントに集まった愛好家達は特殊部隊のいでたちではりきってゲームを始める。敵と戦いながらフラッグを見つけアイテムを取って行く。リーダーと斥候、狙撃手、歩兵という風に役割を分担し作戦を遂行する。何気なく見ていると…

映画 野のユリ (1963)

黒人青年スミスは気ままな車の旅をしていたがオーバーヒート気味の車に水を入れようと民家に立ち寄る。するとそこは修道院で男手を欲しがっていた。スミスは1日だけ働いてすぐ立とうとするが夕食を振舞われ一晩泊まらさせられる。シスターたちはドイツ語圏…

映画 パリ、テキサス (1984)

ナショナルジオグラフィックのような砂漠の映像がライ・クーダーのギターソロとともに出てくる。その中を一人の男が歩いている。主人公のトラヴィスがメキシコ国境を越えてテキサス入りしたのだ。トラヴィスはたどり着いた居酒屋で倒れ地元の病院に運ばれる…

映画 ラマン (2005)

美少女女子高生のチカコは母とつましく暮らしていた。チカコは親に内緒で刺青をいれ三人の男の共同の愛人になる。お金の為だというがいくらだったのかは明示されていない。放課後になると男たちのいる洋館に通う生活が一年間続くことになる。男たちは少女を…

映画 白い犬とワルツを (2002)

冒頭の森の中の巨木と老夫婦のシーンは流れるクラシック風の音楽と溶け込んで格調が高い。里山の風景が出てきてここで展開するストーリーだとわかる。程なく妻が亡くなり樹医の老人に娘たちが関わってくる。面倒見の良い人たちだ。娘の一人は離婚している。…

映画 青い珊瑚礁 (1980)

これは少年少女の冒険物語のような体裁ではあるが人間についての考察がある。リチャードと従姉妹のエメライン、料理係の中年男パディが絶海の孤島に漂着する。これから助けが来るまで島で生きてゆく事になる。 パディがもう命令されることは無いと喜ぶ。三…

映画 復讐の序曲 (Blown away) (1994)

ボストンを舞台に元IRAの爆弾魔と爆弾処理隊員が因縁の対決の様なことをやる。巻き込まれた市民はいい迷惑だし途中からこれはハッピーエンドになるのだなとわかるのでハラハラ感も無い。ハリウッド映画にはセルピコの様に正義が負ける作品もあるがこれは時…

映画 colors (2006)

柿本ケンサク監督の長編もの。各所で現われる音楽と映像のセンスには優れたものがある。 ストーリーは賛否両論がある。まあこれは変わったテイストの独創的な映画と言って良いと思う。 カラーで区分けされた個室に入っているのは病気の若者や死刑囚、主婦、…

映画 スウェーデンイェルム家 (1935)

名門スウェーデンイェルム家は科学者である父のロルムと二人の息子、娘の四人家族である。母親は亡くなっていてベテランの家政婦が一家の生活を支えていた。だがイェルム家の家計の実態は火の車で息子達は借金を重ねていた。頼みは父親のノーベル賞受賞と特…

映画 白鯨 (1956)

メルヴィルの小説白鯨の映画化。この物語の語り部であり唯一の生存者イシュメイルは港町ベッドフォードに着くとパブに入りラム酒を所望する。ここはまるでイギリスの労働者階級のパブのようだ。だが19世紀のアメリカである。イシュメイルはよそ者だが地元民…