読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 ガス燈 (1944)

有名人気歌手アリス・アルキストがロンドンの自宅で死体で発見される。ロンドン警視庁の捜査では犯人を特定できず迷宮入りする。同居していた姪のポーラはイタリアで声楽の先生について歌手を目指す事になる。事件から10年経ち大人になったポーラは歌手にな…

ステレオシステム完成

パイオニアのネットワークプレイヤーと電池式プリアンプを導入した結果これでもう充分という音が意外にも完成してしまった。基本的にはもう何も作る必要が無い。 ステレオを聴き始めた頃の古いLPレコードを聴き直してみるとこんな音で鳴るのかと驚いた。ふわ…

東洋文庫 中国の布教と迫害 イエズス会士書簡集 (1704〜1770)

第一書簡集〜第三書簡集においてイエズス会宣教師ゴザニ師が報告する。ここ開封には挑筋教と呼ばれているユダヤ教徒の集団がいる。師は彼らに接近しシナゴーグを見せてもらう。幕舎、大箱にはヘブライ語で書かれた書物があり、モーゼの座がある。広間があり…

BSドキュメンタリー アフリカのタリバン ボコ・ハラム (2013)

キリスト教徒とイスラム教徒が半数ずついるナイジェリア中部にオーストリアのドキュメンタリー隊が潜入する。イスラム教徒でジャーナリストのブハリ・ベロが仲介をする。人口100万のジョスではテロと暴力がはびこっている。ナイジェリア国家保安庁が24時間警…

東洋文庫 抱朴子 外篇 1 (317年)

葛 洪(かつ こう)の記した神仙思想の書である。巻二の逸民ではこのように言っている。「豪奢な 暮らしをすれば、賄賂を取っているのだろうとか陰口を言われる。それよりはいっそ古典の世界に心を遊ばせ、不老不死の術を修練し、自分の鋤で飢えをみたし、自…

映画 イエローハンカチーフ (2008)

題名からわかるようにこの映画は幸福の黄色いハンカチのリメイクである。6年の刑期を終えた初老の男性ブレットが若い男女とアメリカ南部を車で旅をする。ロードムービーと言えば日常から解き放たれた解放感とレストランでホッとひと息つく感覚が見ていて味…

映画 96時間 /リベンジ (2012)

元CIA工作員ブライアンが元妻のレノーアと娘のキムとイスタンブールで休暇を楽しもうとした矢先に謎の組織に拉致されるという話。設定も24時間とよく似ているし主人公が当事者として最強であると言うのも同じである。まずブライアンとレノーアが敵の手に落ち…

Pioneer ネットワークプレーヤー (2)

或る日iTunesにデータを入れ直しているとデータがMUSICというフォルダーに入っている。これにはポピュラー音楽を入れもう一つCLASSICというフォルダーを作る。これでHDDが一つで済むようになった。バックアップも取りやすい。 プリアンプを電池式dualgateMOS…

Pioneer ネットワークプレーヤー

とうとう購入した。 クラシックはレーベル別に、ポピュラーはアーチスト別にそれぞれ別のHDDに入れ二台のパソコンで管理する。幸せの国が近づいてきた。

朝のテレビ

今日の都心の天気 東京タワーが巨大なマグネトロンのように見える。

東洋文庫 サーマディーヴァ作 屍鬼二十五話 インド伝奇集(11世紀)

王に抱えられた屍鬼が王の耳元で語る美男美女の物語である。各話には尤もらしく都市と王の名が出てくるが大嘘の話である。美女は白く光る月のようだと喩えられる。男の方も一目見て恋に落ちるくらいの美男でしかも大金持ちである。こういう話が延々と出てく…

東洋文庫 蕃談 (1849)

1838年(天保9年)4月に能登を出発した長者丸は松前で昆布を積み込んだのち強風にあおられ金華山の方へ流される(1839年11月)。ついには太平洋まで流され漂流するが米国の捕鯨船に救助され(1840年4月)当時のサンドイッチ諸島(ハワイ)へ連れて行かれる。…

ダイアモンド差動ヘッドホンアンプミニ

散歩用に作ってみた。音は柔らかくてキレがありパワフルでコクがあるという名機そのものだ。

BSドキュメンタリー 希望と絶望のティファナ (2017)

国境の町ティファナに中南米から移民希望者が集結している。トランプの大統領就任が拍車をかけている。教会やボランティアが運営するシェルターが有るがとても間に合わない。シェルターをあふれた人達がテントで暮らしている。ホンジュラスから着いたばかり…

FNS ドキュメンタリー ロシア娘に愛を込めて (2014)

神奈川在住の元大学教授S氏(65)は7年前にナターシャさん(33)と見合い結婚しすでに二児がいる。幸せそうである。有料のお見合いサイトA Russian Beauty の会による仲介である。代表の山口氏は元商社マンである。1999年にこの会を立ち上げている。地方都市…

ダイアモンド差動ヘッドホンアンプ(2)

DCーDCコンバーターを入れて電源を強化した。 面白い特性のハイパワーアンプになった。

FNSドキュメンタリー 京大卒34歳ニート (2014)

PHA氏の密着ドキュメンタリー。氏は大学卒業後就職するが三年で辞める。今の収入はネットの原稿料、広告料、不定期のバイトで月8万円という。都内のシェアハウスに住み仲間と肉パーティーをやる。檜原村のへんぼり堂に仲間と訪れる。素泊まり一泊三千円のゲ…

映画 ブロンコ・ビリー (1980)

移動しながらテントで興行を打つ西部劇の一座のお話である。座長で興行主のブロンコ・ビリー(クリント・イーストウッド)は西部一の早撃ち、といってもベトナム戦争をやっている頃の現代の話だから一般からは時代錯誤とみられている。田舎の少年たちがヒー…

映画 8月の家族たち (2013)

女系家族賛美の映画である。オクラホマ州の片田舎の夏はクソ暑いらしい。元教師で詩人のぺバリーは引退して本に囲まれ酒を飲んで暮らしていた。T.S.エリオットが好きで釣りが趣味らしい。妻のバイオレットは娘を三人育てたが地元で暮らしているのは次女のア…

映画 真夜中のゆりかご (2014)

デンマークの湖畔の瀟洒な家に美人妻と住む善良でハンサムな警官アンドレアスと離婚して酒びたりの中年警官シモンが相棒を組む事件簿ストーリーとなっている。北欧らしく二人の上司は女性であり、監察医も女性医師で監督も女性監督である。そして二つの母性…

映画 神々と男たち (2010)

ある修道院の早朝の祈祷、学課の映像が映し出されるが程なく現代の話であることがわかる。修道士は村に溶け込んでおり畑仕事、墓地の修理、ハチミツの販売、これが一番重要なのだが無料の医療奉仕を行っている。担当は老医師のリュックである。村人に教えて…

映画 ビッグリバー (2005)

冒頭にナショナルジオグラフィックに出てくるような荒野の雄大な映像が出てくるがこれはイマイチである。ポンチョを着た若い男(オダギリジョー)が歩いて国境を越える。主人公のテッペイである。アリゾナの荒野を彼は進んで行くがレンタカーに乗ったパキス…

SITミニヘッドホンアンプ (2)

電池は単4型ニッケル水素二本かリチウムイオン一本でよい。

SITミニヘッドホンアンプ

単四型充電池二本で使えるアンプを作る。 DCーDCコンバーターの定格出力電流が30mAなので省電流設計にした。 すでに組み終わり美しい音で鳴っている。

映画 君を想って海をゆく (2010)

BS ドキュメンタリー 止まらないEUへの難民流入 (2015)の具体例のような映画だが色々とロマンチックな仕込みがある。 イラクからカレーまで陸路逃げてきた美少年シモンはトルコ人による虐待のトラウマから普通にトラックで密入国出来ないという設定だ。ロ…

東洋文庫 ティルヴァッルヴァル著 ティルックラル 古代タミルの箴言集(5世紀頃)

本書はタイトルの通り5〜6世紀に成立した南インドタミル地方の文学で作者はジャイナ教徒ということになっている。ジャイナ教の教えに従っているので言っていることは仏教とよく似ている。 ちょっと変わったところでスパイの事を述べた章がある。 実態をスパ…

ミニヘッドホンアンプ2017 (3)

2号機を製作した。今度は馴染みのあるFETを用いている。 ふんわりした感じが出て驚くほど透明であるのは同じ。高域の繊細さは聴いたことがない最高レベルだ。低域もしっかり出るのでオーディオとして文句のつけようがない。

映画 ぼくたちのムッシュ・ラザール (2011)

フランス語が飛び交う清潔な感じの小学校でのお話。子供たちは雪の中で遊んでいる。牛乳当番のシモンがいつも通り教室に行くと担任の女教師が首吊り自殺していた。真っ先に見たのはシモンである。アリスも窓から覗き込み見てしまった。早速カウンセラーが手…

東洋文庫 ニコライ・A・ネフスキー 月と不死 (1920年頃)

著者は1892年ヴォルガ河畔の古都ヤロスラウリ市で生まれペテルブルグ大学の東洋語学部に進学する。中国語と日本語を学び官費留学生として2年の予定で日本に留学する。民俗学の手法で遠野、アイヌ、宮古島、台湾の曹族、西夏の研究を精力的に行い論文を残して…

映画 冷たい熱帯魚 (2010)

冒頭と結末にオリジナルのストーリーが付け加えられているが中身は1993年の埼玉愛犬家連続殺人事件の再現映画である。主犯の夫婦は現在死刑囚だが共犯の男が出所して手記を出版しているので映画もなかなかリアルに再現されているようだ。 主人公の社本が…

細呂木千鶴子 タクラマカン砂漠3,000キロの旅 (1988)

著者はカメラマンらと共にまず出発点のトルファンへ向かう。ウルムチまでは飛行機でそこからトルファンまでは汽車かバスで3時間ほどの旅程である。トルファン駅に着くとホテルからの迎えがおりバスで市中へ向かう。トルファン賓館というイスラム寺院風のホテ…

ミニヘッドホンアンプ2017 (2)

完成した。 歴代の神機と比較してみる。 右からK79 SEPP、VISHEY mini、本機。

映画 デイズ・オブ・グローリー (2007)

命の戦場−アルジェリア1959で見たフランス軍のえげつない殺戮から遡ること15年のお話である。この時はまだアルジェリアの兵士がフランスに忠誠を誓っておりナチスドイツ軍と戦うことになる。彼らはフランス語を流暢に話すがイスラム教徒のアラブ人でありベ…

ミニヘッドホンアンプ2017

軽くて持ちやすいケースにdualgate MOS FET アンプを収める。

映画 女ひとり大地を行く (1953)

秋田の貧農一家に借金の取り立てが来る。返済のため父(宇野重吉)が炭鉱のタコ部屋に入る。夕張か釧路の炭鉱である。普通なら年頃の娘が借金のかたに売られてゆくのだがこの一家は男の子が二人である。さて炭鉱での労働は厳しく男気のある父は同僚の逃亡を…

東洋文庫 叡尊 感身学正記 (1286)

叡尊(1201ー1290)は真言律宗の僧侶で西大寺の復興を果たした事で知られている。これは叡尊により漢文で書かれた自伝である。よみ下し文と豊富な注釈によりかなり読みやすくなっている。 幼少時については誰の子で誰それに育てられどのお寺に入ったかが詳細…

東洋文庫 沖縄の犯科帳 (1870年頃)

琉球王国の裁判記録は戦禍で焼失してしまったがその一部が筆写されて残っていた。本書はそれの口語訳である。琉球王国には琉球科律、新集科律という刑法があり平等所(ひらしょ)という裁判所があった。 川平(かびら)村配所の流刑人屋慶名(やけな)が大川…

映画 ミッシング (1982)

クーデター時に軍が在留米人を連行して処刑したのであるから外交問題であるのだが領事館側はひた隠しにする。行方不明になったのはチャールズ・ホーマンという実在の人物でこの映画は実話である。妻エリザベスとニューヨーク在住の父親エドモンドが領事館に…

映画 ビッグ・バグズ・パニック (2009)

昆虫が人間くらいの大きさになったら地球上で最強だろうと言われているがこれはB級映画でありながらそれを実写で再現したものである。 巨大な甲虫類が突如町を壊滅させる。生き残ったクーパー他数名は虫と戦いながらサバイバルしなければならない。虫はショ…

電池式プリアンプ2017

出力段にdualgate MOS FETを用いている。 上條アンプとの相性は抜群に素晴らしい。オーディオで夢見た事が遂にやって来たかと思える程だ。

BSドキュメンタリー 暴かれる王国 サウジアラビア (2016)

石油大国で西側の同盟国であるサウジアラビアは観光が厳しく制限されており内情を外国人が知ることは少ない。地下組織の活動家ヤセルはイスタンブールからリヤドに入り六ヶ月間隠し撮りを実行する。サウジアラビアの恐ろしい実態を暴くためである。 町にはハ…

映画 日本の黒い夏ー冤罪 (2001)

1994年6月の松本サリン事件の報道の過熱とその冤罪性について検証した映画である。地元の高校生が日テレ系の地方局を取材して真実に迫るという体裁を取る。取材を受けたのは報道部のチーフと数名のスタッフである。 いくつかの要因があって河野氏が被害を被…

音楽

プロコフィエフ ピアノ協奏曲第3番 第一楽章(8’56”)

東洋文庫 ロバート・グレイブズ著 アラビアのロレンス (1934)

T.E.ロレンスにも”Seven Pillars of Wisdom(1922)”、”Revolt in the Desert(1927)”の著書があるがこれは自伝では無く親友であるグレイブズが書いたものである。内容はイギリス軍将校であるロレンスがメッカのシェリフの血を受け継ぐフェイサル(後のイラ…

EVO POWER AMP(9)

LEDを付けてとうとう完成した。あっと驚くような音では無いがじわじわと良さが滲み出てくる感じだ。

映画 アラビアのロレンス (1962)

アラブ独立の英雄T.E.ロレンスの活躍を描いた3時間47分の一大巨編である。史実に基づいているが原作と比べるとかなり脚色がなされている。物語風にわかりやすく改変されたうえにシェークスピアのような仕掛けも各所に見られる。音楽はアラビア風の主題を用い…

EVO POWER AMP(8)

両ch完成した。アイドリングを100mAにして聴いている。 この位のコンストラクションになるといろんな部分で音が本物になってくる。例えばアタックの後の余韻とか。

EVO POWER AMP(7)

やっと動作する所まできた。アイドリングは20mAで音はやや硬質。オフセットの安定度は良い。 まだSEPPだが電圧増幅段は紛れもない上條アンプである。

映画 大鹿村騒動記 (2011)

大鹿村伝統の歌舞伎を題材にしたコメディである。年に一度村人によって演じられる。村でジビエ料理店を営む善ちゃん(原田芳雄)は主役の景清の口上の稽古に余念がない。そこへ募集広告を見てやってきた女の子のような青年(後にLGBTであると告白)が現れ、…

東洋文庫 列子 (B.C.400頃)

春秋戦国時代の列御寇の著とされるが定かではない。荘子、老子と並ぶ重要な道家思想の文献でありよく知られている故事成語の出典でもある。朝三暮四、杞憂、男尊女卑などがそうである。読んで行くと孔子と弟子達の会話が出てきたり荘子の内容も出てくる。ま…