村上春樹 羊をめぐる冒険 (1982)

   お盆休みに読んでみた。書店で本をめくってみて安部公房風のシュールな章題に惹かれたからだ。

「余計な詮索をするつもりはないんだ」と彼は言いわけをした。「でも彼女とは僕も友だちだったしさ、ちょっとしたショックだったんだよ。それに君たちはずっと仲良くやってると思ってたからね」

   ここだけ安部公房風の文体だった。あとはあまり似ていないようだ。安部公房のような強烈な個性の作家はもう出てこないのだろうか。

参考 事件の背景

  安部公房が鋭い指摘をすると県の職員がこう答える。

  「とんでもない!」といささか狼狽気味に、「むろん、県なりの見解はもっています。しかしそれがどういうものであるかは、残念ながら、いま申し上げるわけにはいきません。いえ、秘密だというわけじゃない。秘密ではないが、それが外にもれることで、目的が果たせなくなっては困るということですな。」
 

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)

羊をめぐる冒険(上) (講談社文庫)