読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ 北の国から ’83冬

    あれから一年半。中畑木材が火事で焼け五郎と熊さんは東京に出稼ぎに来ていた。これからお土産を買って富良野に帰るところだという。12月30日草太と青年団の時夫と純と蛍が駅へ迎えに行く。翌日は五郎は溜まった仕事で忙しい。旭川に引っ越した正吉が家出したという。純と蛍は紅白歌合戦を見て五郎と初詣に出かける。すると正吉の姿を見た純が追いかけ家に連れて行く。その夜は正吉と楽しく過ごしたが翌朝母ちゃんが迎えに来て修羅場となる。

    数日後見知らぬ老人が現れる。松吉という老人はかつて豆で財産を築いたという。その後東京で事業をやり成功したという。故郷にふらりと来て翌日歓迎会が持たれた。正吉の母が博打の借金700万円を五郎にかぶせてきた。取り立ての男が来て家と土地を売れという。専務らが急遽相談しみんなで少しずつ出して助ける事にした。五郎は渋々了承する。正吉は五郎に八つ当たりされて吹雪の中出て行くが翌朝雪下ろしの雪の中で見つかった。だが病院に運ばれ蘇生する。

    松吉と孫娘のやり取りがある。結局松吉がボケている事を示しただけだが周りは結構気遣っている。特に蛍は他人にやさしい。その夜松吉の奇行があった。杵次が生きていると言い雪の上に豆を播いた。豆畑の幻影を見て彷徨う。

    大変な正月だったが五郎は東京に戻り、純と蛍は正吉としばらく暮らす事になる。