読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 息もできない (2008)

  主人公のサンフンは闇金の取り立ての実働隊リーダーである。学校は出ていないが社長が友人なので優遇されている。街で暴れたり舎弟の若者に暴力を振るうが仕事では実を上げている。甥っ子を可愛がっているが刑務所を出たばかりの父親がいる。取り立ての方法は返済期限が来た債務者のところに乗り込んでいってボコボコにするという方法である。

  こんなサンフンだが道でばったり会った美少女ヨニと仲良くなりデートするようになる。ヨニの家庭も認知症父親とDVの弟がおり父親の軍人年金で暮らしている。弟は頭も運動神経も良いという触れ込みだがサンフンの舎弟になる。ソウル市街でのロケだがポケモンのアニメやプレステに夢中の小学生が出てくる。

  サンフンは粗暴だが肉親には優しく、口が汚いが社長とは仲良しである。クソ野郎が口癖である。父親の事を恨んでいたがある日甥っ子と姉と父親が楽しそうにプレステで遊んでいるのを見てショックを受ける。サンフンは社長に仕事を辞めるというが社長はそれなら自分も辞めて焼肉屋を始めると言う。

  次の日の取立てでサンフンとヨニの弟はサンフンという息子のいる家庭に乗り込む。ヨニの弟が男をボコボコにし始めるとサンフンはもうよせと言う。その帰り道ヨニの弟が不満を爆発させてハンマーでサンフンを打ち殺す。その日は甥っ子の学芸会の日で社長とヨニも呼ばれていた。
  サンフンの葬儀も終わりヨニとサンフンの姉は焼肉屋の開店に招待される。幸せそうに焼肉を食べている。この辺はサンフンの姉と社長が結婚するのではと思わせる。焼肉の帰り道ヨニが屋台をボコボコにしている弟の姿を見て凍りつく所で映画が終わる。