読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画 真夜中のゆりかご (2014)

映画

  デンマークの湖畔の瀟洒な家に美人妻と住む善良でハンサムな警官アンドレアスと離婚して酒びたりの中年警官シモンが相棒を組む事件簿ストーリーとなっている。北欧らしく二人の上司は女性であり、監察医も女性医師で監督も女性監督である。そして二つの母性がテーマになっている。

  ソーフスという赤ちゃんの母親は売春婦で父親はDVをふるう麻薬中毒者である。赤ちゃんは汚れた服を着てミルクも与えられずネグレクトされている。ある日アンドレアスとシモン はトリスタンとサネの家に踏み込み暴力を振るうトリスタンをぶちのめして赤ちゃんを保護する。だが母親がジャンキーでは無くトリスタンが法律上父親で無いと言う理由からソーフスを施設に移すことは出来なかった。

  一方アレキサンダーという赤ちゃんはアンドレアスと美人妻アナによって大事に育てられていた。だが少々奇妙な点がある。必ず夜中にアレキサンダーがぐずりだし車に乗せると安心して眠るのである。或いはアナがベビーカーで散歩すると落ち着くのである。又アナは普段は物静かだがちょっとした言葉に反応して激しく相手を罵る姿も見せる。

  ある夜アナが目を覚ますとアレキサンダーが呼吸していない。アンドレアスが蘇生術をしながらアナに救急車を呼べと言う。赤ちゃんの突然死はよくある事だがアナは救急車を呼んだら自殺すると言う。ここから話の方向が大きく変わる。アナは狂気モード、アンドレアスは実存モードとなり暴走する。アンドレアスはアナを眠らせた後トリスタンのアパートに忍び込み赤ちゃんを取り替えてくるのである。この後ちょっとシュールなコントのような展開になるが結局アレキサンダーは森に埋められトリスタンは赤ちゃんが誘拐されたという狂言を演じる。駆けつけた警官がアンドレアスなのでシュールな取り調べになる。

その後アナは赤ちゃんを残し自殺する。取り残されたアンドレアスは祖父母に来てもらって赤ちゃんを育てるが程なくして埋められていた赤ちゃんの検死結果が出た。結果は揺さぶりによる急死だった。アンドレアスは見抜けなかった自分を責める。最後は立ち直ったシモンがアンドレアスを諭して事件が解決する。

  亡くなった筈の赤ちゃんが再び手元に帰ってきた時の天にも昇るような心地をサネが演じ、目を覚ますと赤ちゃんが生き返っていたが別の赤ちゃんだったという絶望感をアナが演じている。この映画は社会問題を織り込んだサスペンス仕立てになっているが主眼はここの映像表現にある。かなり成功していると思う。