読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BSドキュメンタリー 希望と絶望のティファナ (2017)

  国境の町ティファナに中南米から移民希望者が集結している。トランプの大統領就任が拍車をかけている。教会やボランティアが運営するシェルターが有るがとても間に合わない。シェルターをあふれた人達がテントで暮らしている。ホンジュラスから着いたばかりの二人組がいる。ウーゴという人物が電話をかけまくって空いているシェルターを見つけてくれた。ウーゴ氏は地元で暮らしているメキシコ系アメリカ人である。祖父の代にアメリカに移住した。ウーゴ氏はマルタ一家を訪問する。メキシコ南部にいたマルタ一家は麻薬犯罪組織がはびこる町を捨てここにやって来た。難民申請中である。夫のルイスは滞在費を稼ぐためコインランドリーで働いている。 ある日マルタが部屋に帰ると部屋が荒らされていた。現金と旅行カバンが盗まれていた。警察は現行犯以外は逮捕してくれない。

  国境には二重の壁があり警備隊が見回っている。70万円で国境越えを助ける業者がいる。お金の無い人は自力で越えようとする。最近ハイチからの流入が急増している。山間部のシェルターに彼らが入っている。水と食料が不足しているが援助が得られていない。市も対策に乗り出すが予算が十分でないと言う。二人の青年が死の谷を降りて行った。ウーゴ氏は留まるよう助言したが行ってしまう。その後強制送還された。ロドリゴ一家は犯罪組織から金を要求され国境まで逃げて来たという。弁護士が無料相談に乗る。国境を超えても拘束される可能性があるという。

  マルタ一家がシェルターから退去を食らった。長期の人は出て行くことになるのである。雨の深夜を狙って排水溝から国境を越えようとする一団がある。ノルマ一家である。ビニール袋をかぶって排水溝に入って行った。どうなったのかはわからない。

   このドキュメンタリーも力作だがこの問題を扱った映画もすでにある。闇の列車、光の旅ではより具体的な状況が描かれている。