東洋文庫 ジョージ・マカートニー 中国訪問使節日記 (1794)

  ジョージ3世治下のイギリスはジョージ・マカートニーを全権大使として乾隆帝治下の清国に送り込む。目的は通商条約締結である。1792年9月21日マカートニー率いる使節団は軍艦ライオン号に乗ってポーツマスを出港する。ベルデ岬諸島、リオデジャネイロ、トリスタン・ダ・クーニャ島、アムステルダム島、バタヴィアツーロン、マカオ、舟山群島を経て使節団は1793年8月11日に天津に上陸する。さらに通州、北京を経て円明園の宿舎へ8月21日に到着した。

  この時期皇帝たちは熱河(承徳)の離宮に滞在中である。シャンデリア、時計、プラネタリウムなどの貢物を円明園に置いて使節団は9月2日熱河へと出発する。この間清の高官たちに謁見時の跪拝、平伏についてレクチャーされるのだがマカートニーは断固拒否している。またいろいろと邪魔をしてくる欽差大臣の事を警戒している。

  9月8日使節団は熱河に到着し9月14日宮廷においていよいよ乾隆帝に謁見する。結局、三跪九叩頭は行われずイギリス式儀礼で決着した。使節団はしばらくここに滞在するが儀式と余興が終了したと告げられ9月21日に北京へ出発する。 10月13日に天津に到着。天津からは大運河を陸路を交えながら航行し杭州、南昌を経て12月19日英国商館のある広州へ到着する。ここでいろいろ情報を収集し翌年1月15日マカオに着いたところで日記は終わる。
   マカートニーは明晰な文章と優れた観察眼を以ってこの日記を記述し、その分析力は驚くべきものである。日本に来られたらたまったものではないと思った。だが肝心の通商条約締結は失敗に終わりマカートニーが日本に来ることも無かった。