東洋文庫 夢の七十余年 西川亀三自伝 (1949)

本文を読んで行くと西川亀三はとてもスケールの大きい人物という印象を受ける。冒頭文もハイレベルである。少し紹介する。

京都府丹波国天田郡雲原村、これがわたしの揺籃の地である。わたしはここに少年期を過ごし、その後放浪50年の風塵を払ってふたたびこの地に帰り、父の代からの旧居を繕って隠栖し、余生を郷土の開発に捧げ、最近ようやく自適の生涯に入って老を養いつつある。》

この「自適」という言葉をなんとか表現すると、「世間の雑事に煩わされずのびのびと楽しみながら過ごすこと」という感じになる。老年になってもこれが難しいのである。一瞬そう思える事もあるが。

もう少し紹介する。

《山国の代名詞のようになっている丹波の奥のつまり、山高くして谷深く、丹後と但馬とに抱き込まれて、ちょうどすりばちの底のようになったところに、戸数百六十戸の小さいわが雲原村がある。》

まるで小説の冒頭のようで、大菩薩峠が始まるのかはたまた杏っ子かと思わないでもない。読み書きに勝れ、出奔して連れ戻されたりするところなどは将来大物になる人の特徴でもある。事業を手がけ、政治にも関与した生涯のようである。西川亀三の活動を一部紹介する。

第四章 鮮満活動十三年より

《はたして統監政治は秕政百出し、国内は騒擾(ソウジョウ)した。なかでも目賀田財政顧問の幣制整理による白銅貨引換は、その結果において通貨の三千万元を一挙に一千万元に減じ、韓民は一朝にして二千万元の大損害を受けることになり、その上於恩と称する旧慣の信用手形制度を廃止したため、貸金の大部分が貸し倒れとなり、経済界に名状すべからざる大恐慌が起こった。》

これに対し、西川亀三は商業会議所相談役という立場で、日本の新聞記者を集めて論陣を張らせ秕政を摘発し、自らも都新聞に目賀田多財政を叩く長文を発表する。その上で政府に陳情し援助資金を引き出したのである。

失われた時を求めて (124)

複雑怪奇なるヨーロッパ情勢もシャルリュス氏によれば簡明に解釈できる。以下引用文。(吉川一義訳)

《「この種の有力な推測は、コーブルクのフェルディナントの場合と同じくヴィルヘルム皇帝にも当てはまるので、フェルディナント国王が「残忍な帝国」の側についたのはそれが原因かもしれませんぞ。まあ結局無理もない、おねえ相手じゃつい甘くなって、なにもかも言いなりですからな。ブルガリアとドイツの同盟を説明するのに、これはなかなか気の利いた解釈だと思うのだがねえ。」》

この小説が長いのは筆者がとめどなく脱線するからで、筆者自身このように釈明しているのである。以下引用文。(吉川一義訳)

《フォルシュヴィル夫人にかんする余談のついでに、私がシャルリュス氏と並んでグラン・ブールヴァールをくだっているあいだに、もうひとつの余談を差し挟むのを許していただきたい。それはヴェルデュラン夫人とブリショの関係をめぐるさらに長い余談で、この時代をえがくのに有益だからである。》

9ページほど余談が続いた後、16ページもあるシャルリュス氏の大演説(プルーストとの会話)が登場する。内容はある程度参考になるが、大げさな空疎なものである。

失われた時を求めて (123)

不思議な現象を観察したシャルリュス氏はこう語っている。以下引用文。(吉川一義訳)

《「それに奇妙なことがあって」とシャルリュス氏は、ときに発するかん高い小声でつけ加えた、「一日じゅう幸せそうにしていて、上等のカクテルを飲んでいるような人たちがね、戦争が終わるまでは生きていられないとか、心臓がもつまいとか、そんなことを言うのを耳にする。しかもとうてい信じられんことに実際そうなる。なんて不思議なことだろう!食べもののせいかねえ?(略)まったく、驚くべき数になるんだ、この奇妙な早すぎる死が。」》

またこんな事も語っている。

《「このご時世に、シャルリュスと署名した手紙がウィーンに到着するのは私だって避けたかったんだ。あの老君主の批判が許されるのなら、私がいちばん批判したいのは、あれほど血統が高貴でヨーロッパ随一の由緒ある名家の当主であられるかたが、ヴィルヘルム・フォン・ホーエンツォルレンなどという、そもそも頭はよくてもただの成り上がりにすぎぬ、しがない田舎貴族なんぞのいいなりになったことだ。これは今度の戦争で最も不愉快な異常事態のひとつですな。」》

こういうのは小説の常である筆者が思っている事を登場人物に言わせている部分なのだろう。

失われた時を求めて (122)

プルーストはパリの現況を綴る。社交界における男性の数が減り、ヴェルデュラン夫人もなんとかしようとするがどうにもならない。シャリュルス氏はヴェルデュラン夫人と仲たがいをしているが、社交界における評判も地に落ちている。悪癖の噂に加えてプロイセン人だのスパイだのと言いつのる人も出てきた。やがてコタールが亡くなりヴェルデュラン氏も亡くなった。この事を悲しんだのは画家のエルスチールである。以下引用文。(吉川一義訳)

《(略)エルスチールは、芸術を支持しその真正さを保証してくれはするが滅びやすい社会的背景ーーその一部をなす衣服の流行と同じくたちまち時代遅れになる社会的背景ーーの最後の名残のひとつが、ヴェルデュラン氏とともに消えてゆくのを見る想いがしたのである。大革命は十八世紀のエレガンスを残らず破壊して雅なる宴の画家を悲しませたにちがいなく、モンマルトルやムーラン・ド・ラ・ギャレットが消滅すればルノワールを悲嘆に暮れさせるにちがいないが、それと同様である。(略)それゆえエルスチールは、ヴェルデュラン氏が亡くなったとき、何年も前から仲違いしていたにもかかわらず、自分がいっそう孤独になった気がしたのだ。それはエルスチールにとって、自分の作品の美の一部が、この世に存在していたその美をめぐるいくつかの意識とともに消滅する事態だったのである。》

Uボートによって撃沈されたルシタニア号の事も述べられている。以下引用文。

《夫人がこの最初のクロワッサンを口にしたのは、新聞各紙がルシタニア号の難破を報じた朝のことである。クロワッサンをカフェオレのなかに浸しては食べる手を休めることなく、もう一方の手で新聞を操って大きく開きながら、夫人は言った、「なんて恐ろしいことでしょう!どんなにむごい惨事でも、こんな恐ろしい結果にはならないわ。」しかしすべての溺死者の死も、夫人の目には十億分の一に縮小されて見えたにちがいない。なぜなら、口いっぱいに頬張ったままそんな痛ましい考えをめぐらしながらも、夫人の顔に浮かんでいた表情は 、偏頭痛によく効くというクロワッサンの風味がもたらしたものであろう、むしろ甘美な満足の表情だったからである。》

このクロワッサン療法はコタールの処方である。

失われた時を求めて (121)

ツェッペリン号のパリ空襲を天空のショーのように描写している。以下引用文。(吉川一義訳)

《それでも私たちのいたバルコニーから眺めると、夜の静寂に突如紛うかたなきお祭り騒ぎが現出したかと思われたのは、打ち上げ花火ならぬ防衛用の照明弾があがり、パレード用とは限らぬ軍隊ラッパが鳴り響いたからである。私はサン=ルーに、夜空へ上昇する飛行機は美しいと言った。「降下するときのほうがもっと美しいかもしれない」とサン=ルーは言う、「(略)でも、きみがもっと気に入りそうなのは、ついに星々と一体となったもろもろの飛行小隊が(略)黙示録をなすときじゃないかな?おまけにあのサイレンだってなかなかワーグナーふうだったじゃないか、もっともドイツ軍の到来を迎えるのだからごく当然だろうけど、ずいぶん国歌めいていて、まるで皇太子や皇女たちを貴賓席に迎えて『ヴァハト・アム・ライン』を演奏したみたいだった。上昇してゆくのがほんとうに飛行士なのか、むしろワルキューレじゃないかと思えるほどだった。」》

地獄の黙示録ワルキューレの騎行の表現はフランシス・フォード・コッポラによりベトナム戦争の映画でもなされた。ドイツ軍の時のほうが本物っぽいがもしそれをやると不謹慎の批判を浴びそうだ。このあとずいぶん勝手気儘なことを言っている。

《「ヒンデンブルクは、まさに新星だそうだね」と私はサン=ルーに言った。「古くさい新星だよ」とサン=ルーは即座に答える、「それとも未来の革命かな。われわれは敵に手心を加えることなく、マジシャンに指揮をゆだねてオーストリアとドイツを打倒し、フランスをモンテネグロ化するのではなく、トルコをヨーロッパ化すべきだったんだ。」「でもわれわれは合衆国の支援を受けられるだろう」と私。「さしあたりぼくらにはばらばらの非合衆国の光景しか見えないね。フランスの非キリスト教化を怖れるあまり、どうしてイタリアにもっと大幅な譲歩をしないのか?」》