映画 汚れなき悪戯 (1955)

  ある村に三人の修道僧がやってきて修道院を建てたいと談判する。村長は廃墟となっている丘の上の貴族の屋敷を彼らに委ねる。修復は成り修道士は12人に増えていた。ある日の事、修道院の門の前に赤子が捨てられていた。皆で相談した結果修道院で育てることになる。調査したところ赤子の両親は既に死んでいた。

  男の子はマルセリーノと名付けられ洗礼を受ける。マルセリーノは母の愛を知らずに大きくなって行く。修道院の外で一人で遊ぶようになったマルセリーノはだんだん悪戯をするようになる。歩いていた村長に泥団子を投げたり連れて行ってもらった村祭りで混乱を巻き起こす。その結果村長の怒りを買ってしまい修道僧達は一ヶ月後に修道院を引き渡し出て行くことになった。
  何も知らないマルセリーノは屋根裏部屋に忍び込んで遊ぶようになる。そこには巨大なキリスト像が置いてあった。マルセリーノは像が生きていると思い込みパンとぶどう酒をくすねて毎日持って行くようになる。すると像は喋り出しパンを食べるのだった。パンとワインが少しずつ無くなることに気づいた台所係は院長に報告する。院長の命でマルセリーノの行動を陰から見る台所係。するとそこでは奇跡が行われていた。キリスト像がマルセリーノに何でも望みを叶えようと言うとマルセリーノは天国にいる聖母マリアと自分の母に会いたいと言った。キリスト像は其れにはお前が死ぬ必要があると言いマルセリーノは死んでしまったのである。

  この奇跡が伝わると村人が修道院に押し寄せるようになり村長は年に一度奇跡を祝うお祭りを開くことを決める。こうして修道院は村に残ることとなった。昔のイタリアの言い伝えである。

  劇中で歌われるマルセリーノの歌は有名で、僕が中学の時音楽の時間にプリントで配られ歌わされた。音楽の先生は曲中に上手にEmが使われている事に言及していた。

 

 

 

 

 

 

 

映画 8mm (1999)

  若くは無いが有能な探偵ウェルズ(ニコラス・ケイジ)に大富豪の未亡人から仕事の依頼が来る。夫の遺品を整理したところ殺人の一部始終が収められている8mmフィルムが出てきたので調査して欲しいというものだった。手がかりは殺されている少女と覆面の男である。行方不明者ファイルから少女の身元を割り出したウェルズは少女の実家を訪ね隠してあった日記を発見する。それには男と駆け落ちしてハリウッドの女優を目指すから安心してと書いてあった。その男の実家へ行くと果たして男は刑務所に入っていて少女とはすぐ別れたと言う。手掛かりは殆ど無くなった。

  ウェルズはロサンゼルスに飛びアンダーグラウンドのポルノショップを調査する。店員は覆面の男の名を知っていた。店員の手引きでディーノという監督に会うことができた。ウェルズは物怖じせずに監督に猟奇映画の製作を依頼する。高い報酬を提示すると監督はにんまりしてウェルズの立会いと覆面の男の出演の条件を飲んでくれた。

  さて撮影当日現場を訪れると店員が縛られておりウェルズは捕らえられる。このグループとグルだった依頼人の弁護士が密告したのだ。いよいよウェルズが処分される瞬間あの映画の依頼金が100万ドルだった事を叫ぶ。100万ドル?と監督は反応し弁護士の方を見る。中抜きした事がバレた弁護士はピストルを出してこの場を逃れようとするが監督と相打ちとなり両者は死亡する。ウェルズは隙を見てピストルを拾うと覆面の男の腹を刺し手錠を切り逃げ出す。

  家族を避難させたウェルズはいよいよ覆面の男を殺しに行く。もう一人のスタッフは既に焼き殺している。どうしてこうなったのか。どこかでウェルズにスイッチが入った訳だが理由付けは弱い。ウェルズは警察のふりをして病院に電話をかけ腹を刺された救急患者の有無を調べる。住所が判明すると男の家に地下室から忍び込みとうとう格闘になる。何とか倒して男を病院の前に放り出す。

  一財産できたウェルズはのどかな田舎で家族と暮らしている。少女の母から生活が立ち直ったというお礼の手紙が届く。未亡人は真実を知ると遺産を少女の母に分けて自殺したのである。

  なかなかの名作だが主人公の手際が良すぎる感じがする。テーマはお金と権力のとんでもない力である。現実の世界では悪の力の方が優勢なので闇に消えた事件は多いと考えられる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

FNS ドキュメンタリー 足立区焼肉ドタンバ物語 (2017)

  大分から上京して青山学院大の仏文に学び足立区の有名店スタミナ苑でアルバイトしてそのやり方を学び大学卒業後は実家の焼肉店を継いだ男性Aに密着取材する。スタミナ苑は社長、店長が兄弟で多くの従業員がいる。店長は幼少時のある事故が元で人を見返してやるという精神が植えつけられたという。食材の仕込みのやり方の一端が明かされる。巨大な牛のレバーが丸ごとさばかれる。鮮度は勿論だが口当たりが良くなるように不要な部分が徹底的に取り除かれる。その為大量の破棄が出る。仕込んでいるうちに素材が水っぽいと分かるとやはり客には出さないようにする。客にものが違うと思わせる為にである。この様に開店まで8時間かけて仕込みをするという。

  このように寝る暇もない店長だが40代の時に一戸建て住宅を購入した。部屋にはJBLのスピーカー、マークレビンソンのセパレートアンプ、マランツのCDプレーヤーがあり仕事に疲れるとお気に入りのレコードを聴く。聴いているとそのまま昇天する気持になるという。

  一方弟子と言えるかどうか微妙な男性Aは実家に帰り焼肉店をリニューアルオープンする。スタミナ苑と同じ仕入れ元からの肉を使い高級路線で行く事になる。当初は賑わったが三ヶ月後には客足は途絶えた。この事態に男性Aは頭を抱えるがなかなか打開策は見つからない。その中創業者で元和食の料理人だった父親が死去した。この様な展開に取材班もびっくりしたのでは無いだろうか。続編に期待しよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田秀和 名曲のたのしみ 2011.1.8放送分 NHK FM

  ハイドン連続放送の第54回目。シンフォニー第99番変ホ長調は1793年に作曲されクラリネットが初めて用いられている。ハイドンは弟子のベートーベンを連れてアイゼンシュタットに滞在したという。楽章の調性、速度、表情記号、形式、中間部の形式について述べる。クイッケン指揮ラ・プティバンドの古楽器による演奏で全曲聴く。〜音楽〜

  弦楽四重奏曲第74番ト短調は「騎士」というあだ名があり1793年に作曲された。第1楽章は屈指の名作だと言う。アルバンベルク弦楽四重奏団で聴く。〜音楽〜

当時の再現という見地から見るとこれは洗練されすぎている演奏だ。

  次はピアノの小品で5つの変奏曲ニ長調である。ブラウティハムによるフォルテピアノで聴く。吉田秀和は速度がアダージョなのかアンダンテなのかについて述べているがこの演奏はアンダンテである。〜音楽〜

  スカルラッティの音楽に近い。こうして見るとハイドンはイタリア音楽を吸収して学んだ作曲家といえるのでは無いだろうか。

  今回は特にそうだが記述にあたっては早口で滑舌の悪いナレーションの為何回か繰り返し聴いた上でネット情報で補完した。

 

 

 

 

 

 

 

前略おふくろ様 II 第2回 (1976)

  冒頭の寸劇はサブが埠頭の倉庫のような所へ呼び出され利夫等に囲まれてリンチを受けるという場面である。ナイフが出されいざ切られるという処で眼が覚める。海ちゃんが朝食を作ってくれて二人で食べる。海ちゃんはなんだか新婚気分みたいだがサブは気が気ではない。利夫に見られたら寸劇の通りになる。

  かすみちゃんに縁談が有るという噂が流れる。秀さんはサブを呼び二人で話し合えと言う。思い返せばクリスマスの夜デートをスッポかしてから二人の仲がギクシャクしだしたのだ。キャバレーで遊んだ事をぐちぐちと詰られてからサブの方から距離を置くようになった。その頃山形では母が検査入院した事で騒ぎになっていた。サブには秘密にしてある。この事は女将さんと秀さんは知っている。半妻の家では嫁姑戦争が勃発していた。隣の芝生は伸び放題というドラマを見に姑が毎週やってくるという。半妻はテレビから真空管を抜いて対抗する。

  いよいよサブは意を決してかすみちゃんに会いに行く。すると男がかすみと一緒に出て来た。スーツ姿の男はかすみちゃんと親しげに話し国産車に乗って帰っていった。サブが物陰に隠れていると半妻が声をかける。飲み屋でサブのことをニコニコしながら慰める。二人はかすみちゃんに振られたもの同士なのである。サブはお前と一緒にするなと言う顔をしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吉田秀和 名曲のたのしみ 1994.11.20放送分 NHK FM

  当時腰を据えて聴く事はなくてカセットに録音しておいたものである。この番組は聴いて楽しいと言うようなものでは無い。今なら秋の夜長に聴くのもいいなと思える。

  <ドビュッシー その音楽と生涯>晩年の歌曲「マラルメの3つの詩」について標題を述べ詩の一部を朗読する。いつもの如く表情記号、拍子について詳述する。ソプラノ独唱エリー・アメリンク、ピアノ ドルトン・ボールドウィンの演奏で聴く。〜音楽(7’15”)〜

  ラヴェルマラルメの3つの詩から」ついでと言っては何だがラベルもこの詩で書いているという事で紹介された。ソプラノ独唱フェリシティ・ロット、ブラッソン指揮パリ管弦楽団室内アンサンブルによる演奏。まあ楽想が全く違うけれどドビュッシーの方はフォーレに近い。ラベルの方は現代音楽みたいだ。〜音楽(8’45”)〜

  「6つの碑文(古代墓碑銘)」標題と表情記号をずらずらと述べて行く。連弾曲である。ミッシェル・ベロフ、ジャン・フィリップ・コラールの演奏で聴く。〜音楽(14’15”)〜
親しみやすい音楽。前奏曲集第1巻の辺りの曲想に近いものがある。

  「白と黒で」3つの小品からなりドビュッシーの連弾曲では最高の出来と一般的に言われていると吉田秀和は言及する。標題の引用元について述べている。マルタ・アルゲリッチ、スティーブン・ビショップ・コワセヴィチの演奏。〜音楽(15’30”)〜

  聴いてみると大変華やかで色彩的なピアニズムが現れていると言える。

  今日紹介した曲を述べて、「ではまた。」と言い締めくくった。牧神の午後への前奏曲が短く流れて終了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東洋文庫 将門記 1 (作者、成立年代不明)

  桓武天皇から平の姓を賜り臣籍降下していた平良将の子が平将門である。良将の死後将門は下総国豊田に所領を持ち北関東の治安維持に当たっていた。上手く名を上げれば朝廷の覚えもめでたくなる。ところが女をめぐって叔父たちとの間に確執が生まれた(と書いてある)。叔父たちは良将の所領も横領していたらしい。

  承平五年(935年)いよいよ対立が決定的になると叔父たちと姻戚関係にある源護の三人の息子の扶、隆、繁が常陸国野本に陣を張り将門を待ち伏せし襲撃する。ところが将門が強すぎたのか三人とも討ち死にし彼らの所領も焼き払われ伯父の国香も討ちとられる。怨念を抱いた源護は平良正に頼る。良正と平良兼は、国香の子の貞盛も巻き込んで総力戦を挑むが結局敗退し、良兼は病没、貞盛は放浪の身となり将門の名が関東で上がることになる。

  その後、将門は武蔵権守の興世王と源基経が足立郡郡司の武蔵武芝との間に起こした紛争に介入する。

  巻二では将門が関東地方を平定し新皇と名乗り朝廷に討伐されるまでが記述される。死んだ将門による地獄からの冥界消息の章もある。