東洋文庫 続日本紀 (797)

文武元年(697年)8月17日文武天皇が即位しその時の詔

現つ御神として大八嶋国をお治めになる天皇の大命として仰せになる大命を、ここに集まっている皇子たち、王たち、百官の人たち、および天下の公民は皆承れと申しわたす。

高天原にはじまり、遠い先祖の天皇の御代御代から中・今にいたるまでに、天皇の御子のお生まれになるまま、つぎつぎに、大八嶋国をお治めになる順序として、天つ神の御子のまま、天においでになる神のお授けになるとおりに、とり行なってきたこの天つ日嗣の高御座の業であると、現つ御神として大八嶋国をお治めなさる倭根子天皇が、お授けになり、お負わせになる、貴く、高く、広く、厚い大命を受け賜わり、恐れつつしんで、この食国天の下を調えて、平らかに統治し、天下の公民を恵み、撫でいつくしもうと、神として思うと、詔される天皇の大命を、皆承れと申しわたす。

以下日誌を少し紹介する。

10月28日 新羅の使いで一吉飡の金弼徳、副使で奈麻の金任想らが来日した。

12月7日 播磨・備前・備中・周防・淡路・阿波・讃岐・伊予等の国に飢饉が起こったので物を与えて救った。また負税の取り立てをさせないことにした。

文武二年

2月13日 務広弐の文忌寸博士ら八人を南嶋に遣わして国を求めさせた。そのため武器を支給した。

5月1日 諸国に旱害が起こった。それで幣帛を諸国の神社に奉った。

7月1日 日蝕があった。

7月7日 公私の奴婢を民の間に隠したり、あるいは逃亡の奴婢と知りながら受け入れたりして、すすんで役所に申し出ないものがあるので、ここで始めて笞の法を定め、仕事を償わせた。事は別式に記してある。 また博奕などかけごとをして遊び暮らしている者を取り締まった。そうした者を寝起きさせている主人もまた、同罪とした。

マークレビンソンの回路で弩級アンプを作る(8)

両ch完成し昨日より慣らし運転、音質チェックを行なっている。さすがに低音はズドーンと来るし高域は繊細で美しい。最初から綺麗な音で鳴るというのは意外だった。LAPTの2パラ、対称回路なのでこれはマークレビンソンの音というよりサンスイのXー1に近いのではないだろうか。Xー1の音は発売当時店頭で聴き比べたことがある。

ガルシア・マルケス 「東欧」を行く (1957)

コロンビア出身のジャーナリスト兼作家のガルシア・マルケスが仲間と東欧世界に入り込み数編のルポルタージュをものにする。東欧世界とは東ドイツチェコスロバキアポーランドソ連ハンガリーである。東ドイツではブルジョアは補償金と引き換えに財産を没収され、金利で生活しつつ外人向けの国営ホテル、バー、レストランで政府にお金をむしり取られていた。たいていは暗い顔をしており、生きてるうちにお金を使い切る必要があるようだ。一方、一般人は安い賃金で働かされ、食料品に困ることはないが日用品には不自由を強いられている。言論の自由はなくストライキもすることはできないという。今は東西ベルリンに壁はないがそのうち作られることになる。チェコスロバキアは工業が発展し人々には幾分自由な雰囲気がある。ただナイロン製品のような贅沢品は入手が難しい様だ。ポーランド人は古い町並みを復元しようと執念を燃やしている。本家本元のソ連は航空産業で米国に迫るものの民生用の工業製品では立ち遅れている。スターリンが死去しフルシチョフ体制になったばかりである。新しい体制はカフカの小説の世界そのものだという。

このように東欧世界の闇をつぶさに観察し時に「かわいそうな人たちね」と呟く彼らだが、実は彼らの祖国の闇の方が大きいというのは皮肉である。コロンビアでは大統領が暗殺され内戦が始まり政治弾圧が猛威を振るいはじめていた。60年経った今の状況は東欧はEUとなり秩序が保たれているがコロンビアはコカの栽培とその密売人が跋扈する暗黒世界である。

東洋文庫 源頼朝 山路愛山 (1906)

市井の歴史著述家である山路愛山の「時代代表 日本英雄伝」のうちの第五巻に当たるのが本書である。この企画は日本全史を10人の人物を中心として書こうとするもので、本書では平将門の乱(939)から奥州征伐(1189)までを一気に読むことができる。文章の一例を示す。

第一章の四 奥羽、中央政府に対し一敵国足らんとす(一)

是時にあたりて奥羽は東北の日本に在りても特に中央政府を畏嚇すべき一勢力となりたりき。そは其土地の広さ日本に半ばすてふ大国にして富源開拓の余地多かりしのみならず(保歴間記)、当時日本に於ては唯一の金産出国として因りて以て上国の富を集むるに足り、騎兵を以て兵士の幹部とし戦争は多く騎戦たりし当時に於いては騎兵とともに欠くべからざる馬の産国として雄を天下に称するに足りしを以てなり。奥羽が沙金の産出地たりしは奈良朝の時代に始まり、(続日本紀)、爾後口碑と伝説とは共に奥羽の沙金多きことを示せり。則ち藤原頼長が其相伝の領たりし陸奥の五荘園に於いてすら高鞍本良には各金五十両、遊佐には金十両を課せしが如き、(台記)、鎌倉の時に至るまで奥州の貢金は朝廷の一財源たりしが如き、(東鑑)、安部頼時が良馬金宝を贈りて国守頼義の士卒を労せしが如き、(陸奥話記)、清原真衡が成衡の為に頼朝の女を聘して婦としたる時、貢衡の姑夫吉彦秀武出羽より出来り朱盤に金を高くつみ之を捧げて謁見したりと云うが如き、清衡の子、基衡が信夫荘司の罪を贖はんとして黄金万両を国守に贈りたりと云ふが如き、(十訓抄)、奥州の金商人が京と奥州の間を往返したりと云ふが如き、(平家物語)、西行法師が造東大寺料の沙金勧進として奥州に赴きたりと云ふが如き、(東鑑)、共に奥州が日本に於いて金産出国たりしを示すものなり。

この様に出典が記されておりほぼ歴史書でありながら通読しやすいものになっている。

マークレビンソンの回路で弩級アンプを作る(6)

温度補償付きダーリントンの特徴を生かしてこの様な回路を考えた。個別に温度補償されるのではと思ったからだ。

動作するがしばらくすると一方が熱暴走しだす。アンプの並列なので片方が片方の負荷になるという悪しき現象が起こっているのではと思った。

この基板は今後差動出力アンプの実験に使ってみる。