東洋文庫 明治大正史 世相編 (1931)

朝日新聞社によって企画・刊行された本書は当時朝日新聞論説委員だった柳田國男の書き下ろしであり、独創的で味わい深い作品になっている。冒頭ではこのような趣旨を述べている。<世相とは時代の変わり目で一変するが、目に見える色、耳に聞こえる音で気づくものである。時代は変われど人々の努力は衣食住に傾注されるものでありそれらを取り上げ整頓して行く手法をとる。>という事で第1〜3章では衣食住について書かれてある。第4章からは原文を見て行く。

第4章 風光推移

5 峠と畷

(略) 山城の京の始の頃には、官道の傍には果樹を栽ゑよという布令があつた。是れはなつかしい事だが、竝木として遠く栽ゑ列ねたわけでも無かつたろう。今でも山越えの路には折として栗胡桃や山梨の老樹があつて、やはり旅人は其陰に入つて憩うて居る。竝木の必要なのは斯ういふ山路では無かつた。広い平野を横ぎる時に、殊に風除け日除けの恩恵は大きかつたのである。長い畷の退屈を破る為にも、一本一本に癖のある松の木は似合はしかつたが、それよりも更に必要なのは霧の日吹雪の日に、之を目標として路を辿ることであつた。 (略)

6 武蔵野と鳥

(略) 横浜では明治の初年、始めて洋館なるものが出来た際に、沢山の小鳥が飛んできて硝子戸に突当たり、落ちて死んだといふ記録が残つて居る。蝿や虻などが今以て窓に苦しんで居る通り、斯んな明るい透明な空と同じ物が、突如として進路を遮断した意外さは、所謂外国文化の比では無かつたのである。 (略)

第11章 労力の配賦

2 家の力と移住

(略) 移住は明治大正を通じての、今までに無かつた大きな現象ではあつた。移住は出稼ぎと全く異なり、多くは一家が故郷を離れるので、人家の代替りやその流離といふ一つの刺激が必ず伴なふ為に、人は之を不幸と考へたが、実は多くの移住は亦事実出稼ぎの心持で行はれたのである。尤も旅などをしてゐる間に、広い原野を見た者は、碌に耕す場所もない故郷の様と思ひ比べて、それから此処に移住しようと云ふ決心を付け、妻子を伴なうて来たものもあつたかも知れぬが、それにしても一応は自分一人だけが瀬踏みにやつて来たであらう。 (略)

映画 異人たちとの夏 (1988)

現代、浅草、志怪小説というキーワードから山田太一が本を書くとこのようになる。主人公原田(風間杜夫)は売れっ子のシナリオライター、妻と離婚し都心のマンションで仕事をしている。交通事故で両親を早く失っている。このマンションは夜はガラ空きになり、主人公と謎の美女(名取裕子)だけになるという。

謎の美女とのやりとりは如何にも山田太一流で岸辺のアルバム、沿線地図などを彷彿とさせる。どちらも軽い感じでは相手を口説けないのだが、そこは誠意で何とかしようという算段なのだ。今回は謎の美女が言い寄ったが原田が拒絶したことがトラブルの発端となる。

地下鉄を通じて異世界に入り込んだ原田はふと訪れた浅草の映画館で死んだはずの父を見つけて驚く。誘われて家までついて行くと母までいた。ビールと食事をご馳走になりまたおいでよと言われる。何度か訪れる内に原田はどんどんやつれてゆくのである。

この異世界の両親は主人公をとって食おうという風でもないのだがとうとうある日の事、父が「俺たちが生きていれば云々」と言い始めた。その日帰って来ると衰弱した原田は恐ろしい姿に変わっていた。もうこの時は謎の美女と何度も寝ていて彼女は原田にアドバイスする。

主人公の原田は彼女に言われた通り両親にもう会いませんと告げに行く。この時の原田は普通の姿に戻っていた。両親はそれも仕方がないと納得してくれた。最後に三人ですき焼きを食べに行く。八目鰻で精をつけ堅焼きせんべいも食べようとするが売り切れだった。今半別館の座敷ですき焼きを食べることにする。ここでも父は「死んだ人間が肉を食っても云々」というのである。もうすぐ両親が消えると悟った原田は感極まって両親に感謝の辞を述べる。両親はあばよと言って消えていった。食べかけのすき焼きを残して。原田が気がつくと謎の美女の部屋にいた。

最後にネタがバラされる。謎の美女は自殺しており原田と寝たのは幽霊だったのである。幽霊が姿を現し原田を攻撃して来る。すんでのところで助けが入るが原田はドロドロに溶けてしまった。

とここで終了すれば一応は志怪小説だがこの後に蛇足がいくつも付いていてハッピーエンドになる。これでは結末が修正されたという印象が残るのである。ハッピーエンドになるためには怪異に対抗できる高僧が登場して、その法力で幽霊を退治しなければ志怪小説として不完全なのではないかと考察した。

Aシリーズのメインテナンス(6)

いよいよGaNアンプの領域に入って行く。Aー6e、これには保護回路と遅延回路が必須となる。

本体に遅延回路が組み込まれている。音は異世界と呼ぶに相応しい領域にある。と思う。起動時と電源オフ時にドライヤーでサーミスタを暖める儀式が安全のために必要だ。

特性を示す。

映画 悪魔の追跡 (1975)

仲良しの2組の夫婦がキャンピングカーでコロラドを目指して出発する。ロジャー(ピーター・フォンダ)とフランク(ウォーレン・オーツ)はバイク整備工場の共同経営者でありバイク乗りである。ロジャーがバイクレースに出場し勝利した後、バカンスを満喫する旅に出る。もし大トラブルに巻き込まれなければ随分充実した楽しいバカンスだっただろう。

キャンプ中のある夜、ロジャーとフランクが偶然目撃したのはカルト集団の儀式で少女を生け贄にするというものだった。二人は双眼鏡で慎重に観察していたが妻が大声を出したために気づかれてしまう。たちまち正体不明の集団がこちらに向かって走って来た。危険を悟ったロジャーらはキャンピングカーで逃走するが、彼らは車に取り付いては斧で襲ってくるのである。町まで逃げて警察に駆け込んでやれやれ一件落着とは行かなかった。

今回のことは現場検証だけで事件にはならず、町では監視されており、キャンプ場ではひどい嫌がらせを受ける。覚悟したロジャーらは銃を購入し襲撃に備える。案の定田舎道に出るとカーチェイスが始まった。

襲撃する方は悪魔というほど恐ろしくはなく二人の反撃でどんどん死んでゆくのだが、最後はキャンピングカーが夜中に包囲されてジ・エンドとなる。不条理な展開はあのイージー・ライダーに似通っている。