東洋文庫 真臘風土記 アンコール期のカンボジア (1300年頃)

著者の周達観は元の使者として1296年に真臘(カンボジア)を訪れ翌年帰国している。これはその時の記録である。真臘と占城は1285年から元 に入貢している。

本文では先ず真臘の場所について船で行く行程が記され、聖天子(成宗)の命により今回の業務が行われた経緯が述べられている。次に王都の詳しい造りが記され、人々の服装、装飾品、役人、宗教、住民、出産、奴婢、言語、野人、文字、暦、季節、訴訟、病気、耕作、地勢、産物、貿易、草木、鳥獣、蔬菜、魚、醸造、養蚕、道具、車、舟の事が簡潔に記されている。この他にも奇怪な出来事などが記されている。一部を紹介する。

7 人物

人はただ野蛮な習俗を知るだけである。みめかたちはみにくくて甚だ黒い。殊に、海中の島や辺鄙な村に居る者のことは知らないが、通常の村里の間に居る者についていえばまことにそのとおりである。宮人および南棚の婦女のごときに至っては、その白いこと宝玉のようである者が多い。思うに太陽の光を見ない故であろう。大抵、一布を腰にまとうほかには、男女なく、みな乳房を露出し、椎髻で跣足である。国王の妻であっても、またこのようである。(略)

16 病癩

この国の人は通常、病があると、多くはそこで水に入ってひたり浴し、ならびに頻頻に頭を洗う。すぐに自然と病がなおる。しかし癩を病む者が多く、比比として多数の病人が道路の間に居る。土地の人はこれとともに臥しともに食べても、また感染しない。ある人は、彼の中では風土でこの疾があるのだという。又、以前に国主でこの疾をわずらったものがあり、その故に人はこれを嫌わないのだという。(略)

19 山川

真蒲から入ってより以来、おおむね多くは平地林の生いしげる木で、長い川と巨港が長々と続きわたること数百里である。古樹が曲りくねり、森の北面におおいかぶさり、禽獣の声がその間に入りまじる。

半港に至って、始めて広々とした田があるのを見る。全く低い木もなく、広く見渡せば、芃芃(ほうほう)として禾黍のみである。野牛が千頭も百頭も群れをなして、この地に聚まる。

又、竹の茂る堤があり、これもまた長く続くこと数百里である。その竹は節の間にとげをはやし、筍の味は至ってにがい。四方の境界にはみな高い山がある。

映画 パピヨン (1973)

革命後のフランスで囚人がフランス領ギアナに送り込まれる場面から始まる。主人公は囚人のパピヨンスティーブ・マックイーン)、ドガダスティン・ホフマン)である。移送中のトラブル、これから入る監獄の恐ろしさが描写されいよいよカイエンヌに到着する。カイエンヌではギロチンの実演が映像化されている。パピヨンは無実の罪のようであるがドガは詐欺犯である。刑務所では過酷な労働が課せられ、懲罰で入れられた独房ではハラスメントを受ける。

生き延びるために体力、精神力、運が必要なストーリーは観るのに辛いものがあるのだがこれも結構辛い。実話だとすれば盛ってある訳だし、創作ではやり放題であるにしろリアリティーは必要になる。このままだと死ぬ可能性が高く、脱獄しても失敗すれば死ぬという状況はパルムの僧院のファブリスと同じである。

パピヨンが吹き矢で撃たれて海に落ち、気がつくと楽園に居て原住民から歓待を受けるというのは運が強いどころではなく不死身だということだ。何故だかわからないが美女によくしてもらい、頼まれて酋長にパピヨンのタトゥーを施すところまでゆく。この後は再び逮捕され独房を出た時はパピヨンは老人になっていた。孤島に送られ一軒家で自活する事になるがそこには既にドガが居た。ここでのんびりと余生を送るのもいいかと思いきやパピヨンはよっぽど娑婆が好きなのか創意工夫して一人で脱出したのである。この時にパピヨンのテーマが流される。聴いたことのある名曲である。

東洋文庫 看羊録 (1658)

著者の姜沆は慶長の役で捕虜になり1557年〜1560年の間日本に幽閉されていたが、無事に帰国しこの書を著す。東洋文庫では日東壮遊歌 (1764)、海游録(1719)という江戸時代の日本の事が書かれたものがあるがこれは安土桃山時代と重なる貴重な報告書である。時系列を追って書くと大変長くなるので、まず怠惰な両班の有様がよくわかる文を紹介する。

(略) わたしの見ますところでは、わが国は平素より兵士を養成せず、平素より民も教化せず、壬申以後、農民をかき集めて戦陣に赴かせています。やや財力があって恒産のある者は、賄賂で免れてしまい、貧民でどこにも頼れない者だけが守備につとめます。しかも、将は常兵を持たず、兵士には定まった将がなく、一邑の民が、半ばは巡察使に属し、半ばは節度使に属しています。(略)将と卒とがしばしば易るものですから、統率に暇とてなく、体面も何もかまうことなく様にもなりません。一体どうして死地に馳せ集まり、敵人の死命を制することができましょうか。 (略)

次に豊臣秀吉の事を記した文を紹介する。以下一部改変あり。

賊魁秀吉は、尾張州中村郷の人である。嘉靖丙申(1536年)に生まれた。容貌が醜く、身体も短小で、様子が猿のようであったので結局猿を幼名とした。(略)父の家は元来貧賤で、農家に雇われてどうにかかたつきをたてていた。壮年になって自分から奮発し、信長の奴隷となったが、これといってぬきんでるところもないまま、関東に逃走して数年を過ごし、また戻って自首した。信長はその罪を許し、もとどおりに使った。秀吉は一心に奉公し、風雨、昼夜もいとわなかった。(略)信長が直接北州の叛者を撃つに及ぶや、秀吉は槍をふるって突闘し、向かうところの敵を打ちなびかせた。信長は播磨州の姫路城を割き与え、その功を賞した。(略)

姜沆は明国の使者がいると聞くと早速行動を開始する。

(略) 私は、そういった便宜があったので、明国の使者であった茅国科、王建功などが堺の館に来在していると聞き、申継李と共に往ってその門を叩き、門番に賂を使って入ることができた。(略)わたしは涙ながらにたのんだ。 「聞くところによれば、倭奴は船乗らの準備も整え、もう出発するばかりになっているとのことですが、どうか船中の一卒にでも加えてください。かないますならば故国で刑罰をうけたいと思っているのです」 明将らは大変同情し、次のように聞いてくれた。 「公がいるのは何という倭のところですか」 「藤堂高虎です」と答えたところ、明将らは、 「私たちが家康を通じてあなたを送らせるようにしてみましょう」と言ってくれた。ところが申継李はもともと軽薄なところがあって大声で叫んだ。 「秀吉は死にました。倭国はやがて大乱になりましょう。倭賊もやがて一人残らず死んでしまいましょう。」 これを聞いた対馬の通訳は、わが国の言語に通暁していたので、監視役の頭である長右衛門にあわてて報告した。長右衛門は小西行長の兄である。私たちが門を出るのを待ち、縛って別室に入れ申継李もひっくくって、他の場所に押し込んだ。夕方には車裂きの刑に処してさらすという。明将が再三にわたって弁明してくれた。 「彼は、やって来はしたが、ただ老父の消息を聞いただけである。他に何か意図があったわけではない」 長右衛門はそのたのみに反対できず、縛を解いて帰してくれた。

ここでの中国人と両班の振る舞いは対照的である。

K60J18パワーアンプ(1)

メインシステム用に作ることにした。J18SEPPは歪みが気になるようになったのでK180アンプかGaN FETアンプのどちらかで聴いている。これも上手く行けばメインで使えるかも知れない。

注:このページは随時更新されます。

東洋文庫 幕末政治家 (1898)

著者の福地源一郎は長崎出身の旗本で維新後は新聞の創刊、翻訳、戯作、小説執筆と多彩に活動し政治家としても活躍した。本書は著作の中の一つで歴史を扱ったものである。老中阿部伊勢守、水戸老公、島津斉彬卿、堀田備中守、井伊直弼、水戸斉昭、安藤対馬守、水野和泉守、松平大蔵大輔、岩瀬肥後守、水野筑後守、小栗上野介について論じられている。〈堀田備中守と外国条約〉の段から紹介する。

蓋し阿部伊勢守は、深く国内の折合を慮りたるを以て、何にしてもハルリスを江戸へ出府せしめず、将軍へ謁見せしめず、閣老も面談せずして、外交を取り扱はんと欲したるが故に、ハルリスの請求に対して快答を依違すること幾ど一年に及びたりけるが、伊勢守卒去の後は、ハルリスはもはや快答の遷延を肯ぜず、「許否の如何に由りては国旗を捲きて帰国すべし、余が帰国は日本に於て米国に恥を与へたる実証なれは、米国は之に尋ぐに兵力を以てして、日本の罪を問ふべし」と迄に脅迫したり。(略)

されば備中守が当時水戸老公を始として諸大名旗本に異論の多かりしを顧みず、断然安政四年八月廿八日の布告を以て、米国官吏の国書持参、江戸参上、登城拝礼を許したるは、備中守の英断にして岩瀬を首として川路井上の諸人が是を勧めたるに由れり。

次に岩瀬肥後守の段の一部を紹介する。

水野筑後守は元来条約勅許論者の一人にてありければ、此議論の際に、岩瀬に面会して曰く「幕府已に条約調印に関して京都に請へる以上は、米国全権に対しては如何やうにも言延し、以って其勅許を俟つの外方策あるべからず。然るを目下幕府の独断にて調印せば、他日不測の大患あらんこと必定なり。是れ足下の独断説は大に余が反対せる所なり。」岩瀬冷笑して曰く、「京都公卿等には 宇内の大勢を弁別して国家の利害を悟り、条約勅許に同意を表するもの一人も無し。是を知りながら、徒らに勅許々々と勅許を恃み、其為に時期を失ひ、英仏全権等が新捷の余威に乗じて我国に来るを待たんは、実に無智の至なり。斯る蟠根錯節の場合に遭際しては、快刀直載の外は有る可からず。国内不測の大患は、我素より覚悟する所なり。我は唯々国外より不測の大患を被らん事を恐るるなり」と云々(是は水野筑州の直話)。(略)

米国の申し出を拒絶してハルリスを暗殺でもしようものならアロー戦争後の清国の様になることは大体の幕僚は分かっていたと思われる。京都公卿、水戸藩も死に物狂いに抵抗したが幕府側の勇断が優った形になる。