IGBTパワーアンプ

IGBTプリメインアンプ (4)

電流メカの状態で終段の電流を10mAに調整した。 もう片chを5mAに調整した。 32Ω抵抗負荷でアイドリングの安定を確認した。DCアンプの状態である。 32Ωスピーカー負荷でアイドリングの安定を確認した。プリアンプと接続してあるのでこれで安定性はほぼ問題な…

IGBTプリメインアンプ (3)

回路図と基板図を示す。 片chの配線が終わったので、初段の電流を見る。0.7mAになっている。 終段ゲートに与える電圧を見る。4.5Vくらいだが、終段をつなぐと10kΩサーミスタが並列にはいり3Vくらいに減少する。 もう一方のchもできたのでチェックする。特に…

IGBTプリメインアンプ (2)

電源周りの配線が完了 抵抗を全部載せたところ 部品を全部載せたところ いよいよ配線に入る。

IGBTプリメインアンプ (1)

できるのかできないのかやっぱり出来そうな気がしている。 側にはAー3のアンプを用いる。 中身はこのようである。 IGBTを組み込んだところ。 今回は基板を一から作ることにした。 ここまで来た。

各素子の出力特性の計測(3)

東芝のIGBTを調べる。IGBTが市販のアンプに採用されたことは無いと思う。ケンウッドの高級アンプで採用を検討されたと言う記事を読んだ事がある。結局バイポーラが採用された。 この領域ではややゆるい飽和特性と急峻な伝達特性が特徴である。こういう素子は…

各素子の出力特性の計測(2)

今回のアンプは2022年版NEW HCAアンプ パート2の基板を再利用したものである。 これが元の基板 部品を取り外すのに24分かかった。ゼロから作るよりは楽で速いと思う。 完成した基板 回路図と基板図 アンプは完成した。終段にはSiC MOSを載せている。 こ…

IGBT パワーアンプ (3)

入力と負荷をつないでサイン波は通ったがアイドリングを上げてゆくと寄生発振のような状態になる。スペクトルが波立って動き回り、アイドリングが激増する。いろいろ対策してみたが50mAなら安定だが80mAから発振する。試しにGT50JR22 の代わりにフェアチャイ…