映画

映画 新・高校生ブルース(1970)

性をテーマにした往年の青春映画である。主演は関根恵子、男性陣は三人いてそのうちの一人が水谷豊である。東京の高校生たちの生態が描かれている。 三人は学園祭までに童貞を卒業する誓いを立てるのだが、街に性風俗が氾濫している割には一般の高校生にとっ…

映画 祭りの準備 (1975)

ATG映画の中では一般にも好評だった作品である。高知県の小さな町で幼少時から育ち青年になった楯男は信用金庫に勤めながらシナリオライターを目指していた。母親と祖父との三人暮らしである。映像にはお遍路さん、肉体労働をする大勢の主婦、うたごえ運動、…

映画 雨上がる (2000)

観終わった感想だけつらつら述べてみる。 黒澤明監督作品の重厚な味が出せているのか、という目線で見るとこの映画が軽い感じがするのは否めないだろう。役者そのものの醸し出す重厚感というのもあるだろうし、演出についても黒澤明監督の頭にあるような方法…

映画 ハロー・ドーリー! (1969)

トニー賞授賞作のハロー・ドーリー!(1964)はブロードウェイミュージカルの筆頭格であり、バーブラ・ストライザンド主演で1969年に映画化された。冒頭の街のスチール写真が動き出すところや、通行人のステップが音楽に合わさるところは芸術レベルまで洗練…

映画 サハラ 死の砂漠を脱出せよ(2005)

これは今回観たのが二回目だが結構複雑で面白い。登場人物が酔狂でマニアックだし、状況が急変することによりそのまま大冒険に突入するのである。特殊部隊なみに強いのはやり過ぎの観がある。 アメリカ南北戦争の終盤、異様な形をした南軍の装甲戦艦が金貨を…

映画 疑惑の影 (1943)

日曜映画劇場において1980年代に放映されたことがある作品だが、このような白黒映画を実際に茶の間で見た人は驚いたのではないだろうか。NHK BSでヒッチコック特集として放映されるべき映画である。アメリカ国立フィルム登録簿にも登録されているので何らか…

映画 乳母車 (1956)

冒頭で大学生と思しき男女四人がプール付きの邸宅で何か議論を始めるのだが、何かと思えば主人公のとも子(芦川いづみ)の父親の不倫の事である。娘のとも子がその事を知らないのは今の時代いけてないという事らしい。不倫といっても妾宅にお手伝いも居ると…

映画 ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い (2012)

米国アリゾナ州フェニックスで元気に働く消防士ジェレミーはある日の夜、コンビニでの強盗殺人事件に出くわす。強盗犯はヘイガンという名の、ギャングのボスで自らコンビニに押し入り、無理難題を言った後、店主と息子を射殺したのである。客だったジェレミ…

映画 水の中のつぼみ (2007)

有料のシネフィルイマジカとムービープラスに加入していた頃に録画しておいたもので、今頃になってやっと観ることになった。一言で言えば少女たちの思春期を描いたフランス映画である。早熟で美人のフロリアーヌ、彼女に憧れるマリー、マリーの友人のアンヌ…

映画 墓石の決闘 (1967)

この映画は題名からなんとなく敬遠していたが最近遂に観た。決闘シーンが出てきてからの展開が速く、何が起こっているのかよくわからなかったのだが、事実に基づいた映画であるというキャプションから、随分硬派な社会派映画だなという印象を受けた。法を遵…

映画 1999年の夏休み (1988)

登場人物は4名の寄宿生で、この年の夏休みに起こった出来事を描いた物語である。美形の少年たちによる会話劇だが舞台となる校舎、調度やコンピューターなどの小物の造形がかなり凝っていて、センスと夢を感じさせるものがある。原作は萩尾望都のコミックス…

映画 シュガーマン (2012)

原題は“Searching for Sugar Man”でほぼ純粋なドキュメンタリーである。邦題から想像していたのとはちょっと違っていた。南アフリカ共和国の洋楽ファンの二人が伝説のシンガーソングライターのロドリゲスの消息を調査し、とうとう居場所を突き止め、コンサー…

映画 ハード・パニッシャー (2013)

今度はイギリスの話で、アフガニスタンで任務を行なっていた特殊部隊のジミーが帰国すると、両親が強盗団に惨殺されていた。理由は父親のモーガンが強盗現場に出くわして、被害者の女性を助けた時に、一味の男をハードパンチと棍棒の一撃で殺してしまったか…

映画 パニッシャー (2004)

マニアックな犯罪アクション映画であり、主人公の活躍も目には目には目をという構図であり、あまり褒められたものではないものがある。FBIの潜入捜査官フランクは武器の密輸団を逮捕する際に、マフィアのボスの息子を巻き添えにして死なせてしまった。ボスの…

映画 ワルキューレ (2008)

敗戦濃厚なナチスドイツ軍の一部の将校がヒトラー総統を暗殺することによって救国するというテーマの下、実際に行動を起こす。この映画はその忠実な再現である。 史実によると、1944年7月20日クラウス・フォン・シュタウフェンベルク大佐が念入りな計画の下…

映画 ガントレット (1977)

クリント・イーストウッド主演、監督の映画である。彼独特の美意識から一種の社会派映画でありながら、アクション娯楽映画でもある作品になっている。また背景の音楽にはモダンジャズが流れており、ハードボイルドの雰囲気を醸し出している。 フェニックス市…

映画 バガー・ヴァンスの伝説 (2000)

ロバート・レッドフォード監督の美意識が作品の随所に現れている。例えば映像の美しさ、端正なオーケストレーション、或いは大人の夢が詰まったストーリーがそうである。 ジョージアの大富豪インヴァゴードンが心血を注いで作り上げた世界最高のゴルフコース…

映画 シチリアシチリア (2009)

この素晴らしい映画はジュゼッペ・トルナトーレ監督の故郷バゲーリアの町を再現して、主人公の少年ペッピーノが成長し、晩年になるまでを描いたものである。ペッピーノは監督の父に当たるとされている。 貧しい生まれのペッピーノは牧童をしたり、牛乳売りを…

映画 ドライブ・マイ・カー (2021)

3時間もある映画なので6つくらいの話に分割して概要を語りたい。 第1話 夫婦の話 主人公の悠介はトランス状態の妻の寝物語を録音機のように記憶して、翌日妻に話して聴かせている。話は性的に際どい内容のものが多い。妻はこのようにして脚本家として成功を…

映画 告発の時 (2007)

退役軍人のハンク・ディアフィールドはイラク戦争に従軍中の息子マイクから、逃げ出したいという電話を受けることがあったが、しっかりしろとしか言えなかった。時は過ぎてある日の事、ハンクはマイクが帰還中に行方不明になったという連絡を軍から受ける。…

映画 ジャック・ハンター クリスタル・ロッドの謎 (2008)

第二作失われた砂漠の秘宝(2008)、第三作呪われた黄金の冠(2008)と全部見ることにした。主人公のジャック・ハンターはウガリット語の専門家であり、ちょっといかがわしいバイヤーという役どころである。カウボーイハットをいつも身につけているのでいい…

映画 おしゃれ泥棒 (1966)

大人向けの良質なコメディー映画を観た。美術コレクターの世界が舞台で、車、ファッションなど目を惹くアイテムが登場する。主演のオードリー・ヘプバーンは快活で聡明な役どころを演じている。ジャガーEタイプに乗り、ホテルリッツに泊まっているというハ…

映画 天国の約束 (1995)

イタリア系アメリカ人3世のジェンナーロと祖父の物語である。1933年8月26日に12歳のジェンナーロに起こった出来事を映画にしたもので、とても目まぐるしい1日だったが、メインのテーマとしてはアル・パチーノ演ずる祖父の最期が挙げられる。余命幾ばくかの時…

映画 銀座化粧 (1951)

成瀬巳喜男監督の晩年の作品である。田中絹代が銀座のクラブ『ベルミー』のホステス雪子を演じている。明るく働く仕事の様子、家庭の事情、婚活の失敗までが描かれる。川沿いの下町に住む雪子には6歳の男の子がいて、この子は科学者を目指しているという。ク…

映画 監禁ハイウェイ (2009)

つかみでは若いカップルが揉めているので、若い時はまあしょうがないと思いながら見ていると、だんだんホラー度が増して行く。サービスエリアでガードマンが棒で殺されたところから一気に追跡が無謀な感じがしてくる。相手は黒い組織なのか。若者のゼイクス…

映画 ニライカナイからの手紙 (2005)

オリジナル脚本による熊澤尚人監督の日本映画である。主演の蒼井優が表には出さないが何か含むような、それでいて思春期特有の振る舞いを自然に演じているのが印象的だった。ドキュメンタリーと錯覚させるような演出もあり、地元の祭りの踊りもちゃんと収録…

映画 ミザリー (1990)

売れっ子の作家ポール・シェルダンは新作の小説を書き上げると原稿をカバンに入れコロラドの山中から車で町へ向かう。折しも吹雪が吹き荒れポールの車は崖から転落する。もし後続車が無ければこのまま凍死していた筈だが、ポールの後をつけていた熱烈なファ…

映画 ジェイン・オースティンの「説得」 (2007)

ジェイン・オースティン原作の小説を映像化したもので96分のテレビ映画である。監督はエイドリアン・シェアゴールド、アンの役をサリー・ホーキンスが演じている。 描かれているのはイギリス貴族社会のありふれた日常に過ぎないが、舞台となる邸宅や広い敷地…

映画 ドリームガールズ (2006)

この映画は調べてみるとモータウンとシュープリームスの事を描いているらしい。だが観ているとこのドリームガールズはシュープリームス以上にパワフルで、用意された楽曲もアレンジも完璧なものである事がわかる。登場するのはビヨンセ・ノウルズ、ジェニフ…

映画 E.T. The Extra-Terrestrial(1982)

公開から40年経って初めて観た映画である。若い頃特に惹かれるものが無かったからだろう。さて観てみると大人がよく考えて作っただけに、欠点も少なく特に優秀な映画であると思う。50歳ごろのジョン・ウィリアムスが音楽を手がけている。結末部に流れている…