Mars Rover Project

探査車組み立て計画(15)

1のパーツを作るとここまで来る。 2のパーツを作るとここまで来る。

探査車組み立て計画(14)

パーサヴィアランスのLEGOを組み立てることにした。 組み立て自体に難しいところはないと思うが部品の色がマニュアルと一致していないのが気になる。 この辺まできた。ブレードが一つ反対向きだ。

探査車組み立て計画(13)

2011年の東工大のローバー ある意味本命だが今どうなっているのだろう。

探査車組み立て計画(12)

日本の民間企業による月面探査ローバーもあるようだ。 Wikipediaより引用。 HAKUTO(ハクト)は、日本の民間発の月面探査チーム。日本の航空宇宙企業であるispaceにより運営され、月面無人探査レースGoogle Lunar X Prizeに参加していた。HAKUTOの名称は日本…

探査車組み立て計画(11)

このような記事があった。日経クロステックより引用。 日産自動車は2021年12月2日、JAXA(宇宙航空研究開発機構)と共同研究を進める月面探査車の試作機を公開した(図1)。砂地で走行する際にタイヤが空転して砂に潜る「スタック」を防ぐ技術の確立を目指す…

探査車組み立て計画(10)

このような動画があった。 https://youtu.be/EMUFe-QnjE0?si=Jug7wWoV8y2KSIby JAXAは何故かこれを中途でやめて、おもちゃのローバーを月面に送って世界の失笑を買っている。

探査車組み立て計画(9)

2023年のUniversity Rover Challenge の結果を紹介する。 まあこうして見ると工科大学のレベルが高い国がどこかがわかるだろう。今年になってやっと日本から1チーム出場するというのは何かおかしい。

探査車組み立て計画(8)

2024年のUniversity Rover Challenge の予選通過チームが発表された。日本からはARES project、日米混合のKARURAプロジェクトの決勝進出が決まったようだ。おめでとうございます。 まあJAXAの方は自前では作らないようでつい先日実機が到着したようだ。 JAXA…

探査車組み立て計画(7)

Galaxy RVR Mars Rover kit を組み立てた。電源をオンにしたところ。 左右にある赤外線送受信機は20cm前方の障害物を検知し、超音波センサーは障害物までの距離を実測する。搭載基板からWi-Fi の電波を出し、コントローラーとなるスマホでログインする仕組み…

探査車組み立て計画(6)

Lesson 15 Thermometer プログラミングの続き。部屋の温度を示している。もう結構暖かい。 バッテリーで動作しているので移動式電子寒暖計である。

探査車組み立て計画(5)

これが届いた荷物 左がNASA 火星探査ローバー パーサヴィアランス、右がGalaxyRVR火星探険車キット。 作るのが楽しみだ。総予算は4万円というところか。

探査車組み立て計画(4)

これと並行してArduinoのプログラミングも学習する。 https://youtu.be/dYkfMHFeWOA?si=xJvfqwyTVd3-nudB 実験しやすいように2mmのアクリル板にArduinoとブレッドボードを固定したものを作っている。

探査車組み立て計画(3)

昨日の民間ロケット打ち上げは延期になった。またつい最近のことだがJAXAの火星ローバーが共同開発もとのフランスから届いたようだ。 大きさは民間、大学のものと同じくらいだ。何処かで記事を見つけたが探しても今は見つからない。 試運転の様子 https://yo…

探査車組み立て計画(2)

ホイールの補修ができたので、試運転を行った。 https://youtu.be/IbYxK6TZQAw?si=lTA7uAoB6nNbcdLm これから宇宙計画が目白押しなので、楽しみながら自分も学習して大学サークルレベルまで到達してみたい。

探査車組み立て計画(1)

NASAのキュリオシティに魅せられた私は、このまえパーサヴィアランスのレゴを手に入れたところだが、いよいよ実際に動く探査車を組み立てることにした。 これがその一号機 Arduinoの互換基板に自分でプログラムを書き込んで、操縦できるようにするキットであ…