岩波現代文庫 無罪を見抜く (3)

こんなに面白い本はなかなかお目にかかれないので、毎日少しづつ読んでいた。今日やっと読了した。平易な語り口ですっと頭に入ってくるし、内容がとても斬新だ。司法の世界の諸問題について概観できたような気がする。それと裁判官の人生についても。

次に読むのは岩波文庫アインシュタイン著『相対性理論』である。注文したが配送に時間がかかるようである。